ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 高齢者・障害者福祉等 > 認知症・虐待防止対策 > 認知症対策 > 平成23年度セミナー「認知症を知り地域で支えよう!」を開催しました
現在地トップページ > 分類でさがす > くらし・環境 > 人権・男女共同参画・青少年 > 人権啓発 > 認知症対策 > 平成23年度セミナー「認知症を知り地域で支えよう!」を開催しました
現在地トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 高齢者・障害者福祉等 > 高齢者の生活支援 > 認知症対策 > 平成23年度セミナー「認知症を知り地域で支えよう!」を開催しました

平成23年度セミナー「認知症を知り地域で支えよう!」を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月3日更新

 認知症を正しく理解し,認知症のある人やその家族を温かく見守る「認知症サポーター」を養成する講座を次のとおり開催しました。
 寸劇などで具体的な例を交えながら,認知症のある人への接し方をわかりやすく紹介しました。

日時

平成23年12月4日(日曜日) 11時30分から13時まで 

場所

NTTクレドホールラウンジ11階 (広島市中区基町6-78) 

参加者数 

84名

内容

講義(講師:広島県高齢者支援課長 濱崎雄司)

※ 講義資料はページ下部からダウンロードできます。

寸劇と血液サラサラ体操(広島県認知症介護指導者ほか)

出演者等 

氏名(敬称略)

 所 属

高柴 廣子

社会福祉法人東城有栖会 特別養護老人ホームシルトピア油木

田中 功一

医療法人好縁会 グループホームふれあい大須

芳谷 伸二

財団法人広島県地域保健医療推進機構

セミナー寸劇写真その1 セミナー寸劇写真その2
血液サラサラ体操写真

 

セミナーの感想

  • 少しの時間でたくさんのことを知ることができた。(20代女性)
  • 認知症の始まりは誰にも分からない。他人事ではない。(30代女性)
  • 地域の中で助け合えるよう,自覚して生活したいと思う。(40代女性)
  • このようなセミナーがあることを今まで知らなかった。認知症について多くの人が知って,皆で支えていけたらいいと思う。(50代女性)
  • 引き続き継続してセミナーを実施してほしい。県民全体で認知症に取組みたい。(60代男性)
  • 自分も地域の福祉担当として,しっかり役立てたい。(70代女性)

※ アンケートの集計結果はページ下部からダウンロードできます。

ダウンロード

このページに関連する情報

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。