ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

『認知症ケア取組事例集』について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月3日更新

 広島県では,認知症にやさしい地域づくり支援事業の一環として,認知症になっても,「なじみの住まいで,なじみの人たちと,安らぎのあるくらし」を続けることができるよう,認知症ケア取組事例集「認知症の人を支えるケア -他の事業所等に伝えたい取組事例」を作成しています。

認知症ケアに携わられているみなさん,ぜひ,この事例集をご活用ください。

特徴

  • 認知症の人を支えるケアの表紙の絵認知症について,基礎知識及びケアの視点について解説
  • 事例については,介護現場で活用できるよう,「BPSD(認知症の行動及び心理症状)へのケア」と「地域との連携を重視したケア」に分類
    各事例について,うまくいったポイント,事例を通じて学んだこと,他の事業所等に伝えたいこと,ワンポイントアドバイスを記載
  • 参考資料として,権利擁護等の観点から,個人情報の取扱及び成年後見制度について解説

入手方法

このホームページ下部のダウンロードから,ダウンロードすることができます。

構成

  • はじめに 
  • 目次
  • 認知症について(1~6ページ)
  • 事例目次(7ページ)
  • 事例
     BPSDへのケア(9~26ページ)
     地域との連携を重視したケア(27~50ページ)
  • 参考文献(51ページ)
  • 参考資料(52~55ページ)
  • 委員からの一言(56~57ページ)
  • 編集後記(58ページ) 

ダウンロード

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。