ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > ちょっと見て呉んさい 「県立呉高等技術専門校のブログ」 > 溶接加工科のクレーン運転特別教育について

溶接加工科のクレーン運転特別教育について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月25日更新

クレーン運転特別教育の概要

 溶接加工科で取得できる資格の一つに「クレーン運転特別教育」があります。

 安全を考慮して機器操作を行うために学科の科目として「クレーンに関する知識」,「原動機及び電気に関する知識」,「クレーン運転のために必要な力学に関する知識」,「関係法令」を,実技の科目として「クレーンの運転」,「クレーンの運転のための合図」を学びます。この資格を取得することで当該業務に就くことができます。

 今年度は,在職者の訓練生を5名受け入れていることもあって実施時期を早めました。

 訓練生からは,「最初は難しかった。特に障害物を避けるのに苦慮したが,練習を重ねることでできるようになった。」,「安全を考慮して揺れを少なくするのが難しかった。」との感想を聞きました。

クレーン運転の実技風景

移動前の安全確認

移動前の安全確認

障害物を避けての移動

障害物を避けての移動