ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 幼児教育調査報告書-平成15年度- IV 保護者の意見

幼児教育調査報告書-平成15年度- IV 保護者の意見

保護者調査に当たって,保護者に子育てへの不安や悩みなどを自由に記述してもらった。
その結果,調査に回答した2,505人の保護者の内,約20%に当たる495人の方から意見をもらった。
主な意見は,次のとおりである。

● 家庭環境

 ・一人っ子なので,どうしても過保護になってしまいます。団体生活に慣れるまでが心配です。

・共働きのため家庭教育に充分な時間が割けません。朝早くから夜遅くまで両親が勤務で,親の時間に合わせて子どもの就寝時間も遅くなるので朝が起きられません。

・生活の時間に余裕がなく,つい厳しい口調になってしまいます。子どもが大人の顔色を見て生活している様に思える時があります。

 ・夫が子どもの世話や家のことなど一切を私に任せきりにするので,仕事もしている私は休みの日もそうでない日もいつも大変です。子どもが不自由にしないようにと思えば思う程,現実とのギャップで悩み辛いこともあります。

● しつけ

 ・食べ物の好き嫌いが多く,嫌いなものだと吐きそうになってしまうので困っています。

・口うるさく言う事ほど出来てないような気がします。こちらの言い方や教え方にも問題があるのだと思いますが,やみくもに叱っていいのかどうか考えさせられます。

・ついつい1から10まで言い過ぎてしまい,子どもの方から進んで物事をしようとしないような気がします。

・きまりを守る,我慢をする,人に優しくできるなどのことは大切にしていきたいことだと思っていますが,核家族の中では限度もあり,幼稚園や保育所等の集団生活での指導にも期待したいと思っています。

 ・自分の思い通りにならないとイライラして物に当り散らすことが最近多いようです。保育園ではそんな事はないようなのですが,家に帰ってくると反抗的になって叱るとますますひどくなってしまいます。

 ・家と保育所での生活,態度,言葉づかい等が違いすぎます。保育所ではおとなしく,家でその分発揮する感じです。

● 小学校

・家でどこまで出来るようにして小学校へ入れればよいのか不安です。小学校で勉強についていけず,行かなくなるんじゃないかと不安です。

・すごくのんびり屋で何をするのにも時間がかかります。このまま小学校に行ってもついていけるのか少し心配です。

 ・小学校入学が近いのに,朝は全く起きないし,ご飯はせかさないと食べません。自分の持ち物も準備しないし,朝からガミガミ言ってしまいます。放っておいたらどうなるんでしょうか。

● 幼稚園・保育所

 ・あまり園でのことを話さないので,園で何をしているか分かりません。又,参観日も4月から1度もありません。あれば園での様子をもっと知ることができるのにと思います。自由保育が方針ではありますが,もう少ししつけ面も力を入れていただきたいと思っています。

 ・園での生活習慣がきちんと身に付いて,ある程度落ち着いて小学校の授業が受けられるようになればと思います。

・先生の話を聞く時等,なかなかけじめが付かずにふざけが目立つので気になります。たまに静かにしていても先生の話が耳に入らず,ただぼーっとしています。来年小学校に行くのに不安です。

・来年の入学に向けて,どの様にすれば自ら進んで学習できるようになるのか,もっと積極的にいろいろなものに興味をもって取り組めるようになってほしいです。

● 遊び

 ・家に庭がなく近所に公園もありません。ビルに住みアスファルトに囲まれた生活で,土に親しんだり,思いっきり体を使って遊んだりすることが出来ないので困っています。

・親としては外で沢山の子どもで色々な遊びをしてほしいと思いますが,現実には公園もなく子どももあまりおりません。それに,交通事故や不審者のこと等を聞くと,なかなか1人で外出させられません。

・友達と遊んでいる様子を見ると,なかなか自分の事を出せてないのかなと思います。それに,ゲームばかりして外で遊びたがりません。

・戸外で思いっきり遊ばせてやりたいと思っていますが,交通事故の心配や近所からの苦情等もあって,先回りの心配をしている状態です。もう少しおおらかに子ども達を見守ってやればと思う毎日です。

● 子育て

 ・日々様々な不安や悩みがありますが,相談できる場所がありません。遠くまで行くには時間的余裕がありません。

 ・子どもを育てるに当たって,「自分のやり方で間違っていないか?」という不安はいつもあります。

・子ども同士(友達)の中にどれくらい親が入った方がいいのかと悩むことがあります。外で遊んだりする時の行動やあと片付け等…・。

 ・他の子との差が気になり,何をどこまで教えていいのか分かりません。

・自分たちが子どもの頃は「誰にでも挨拶をする」(登下校中,近所の人)よう習ってきたが,現代は理解できない事件や事故があるため「知らない人には挨拶しない」と教える事に疑問を感じています。

このページのトップへ▲

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。