ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 博物館登録について

博物館登録について

~広島市内の博物館の登録事務などが広島市へ権限移譲されます!~

 第4次地方分権一括法の施行により博物館法が改正され,博物館登録並びに博物館に相当する施設の指定に係る事務及び権限が平成27年4月1日より,広島市へ権限移譲されます。

対象となる博物館

 広島市内にある博物館法上の博物館及び博物館に相当する施設(県立の施設を除く)。

具体的に権限移譲される事務について

≪博物館に係る事務≫

・登録関係事務(登録,変更,取消,廃止)(博物館法第10条~第15条)

・教育委員会規則への委任(博物館法第16条)

・私立博物館への指導など(博物館法第27条)

≪博物館に相当する施設に係る事務≫

・博物館に相当する施設の指定など(博物館法第29条)

権限移譲後の連絡先について

担当部署:広島市市民局文化スポーツ部文化振興課

電話) 082-504-2500     Fax) 082-504-2066

概要

 博物館とは,歴史,芸術,民俗,産業,自然科学等に関する様々な資料を収集,保管,展示することによって,利用者の教養の向上や,調査研究等に資するとともに,資料の調査研究等を行う施設のことです(関連条文:博物館法第2条)。

登録博物館とは

 博物館法上の博物館(登録博物館)とは,博物館の所在する都道府県の教育委員会(広島市に所在する県立を除く博物館については広島市の教育委員会)が,同法の目的を達するために必要な要件を備えているものとして登録した施設をいいます(関連条文:博物館法第2条)。

 ※だたし,平成27年4月1日からは,広島市に所在する県立を除く博物館については広島市の教育委員会において登録を受けることとなります。博物館に相当する施設の指定についても以下同様。

博物館に相当する施設とは

 「博物館に相当する施設」とは,博物館の所在する都道府県の教育委員会(広島市に所在する県立を除く博物館については広島市の教育委員会)が,博物館の事業に類する事業を行う施設として指定した施設をいいます(関連条文:博物館法第29条)。

 登録の手続き

 広島県においては,「博物館の登録に関する規則 (PDFファイル)(100KB)」に定める博物館登録申請書に必要書類を添付して広島県教育委員会(広島市に所在する県立を除く博物館については広島市の教育委員会)に提出していただき,登録要件の審査を経て,登録要件を満たしていると判断された場合,博物館登録原簿に登録されます

1 提出書類

  • 博物館登録申請書

2 添付書類

  • 設置条例の写し
  • 館則の写し
  • 直接,博物館の用に供する建物及び土地の面積を記載した書面及び図面
  • 当該年度における事業計画及び当該事業に係る予算を記載した書面
  • 博物館資料の目録並びに学芸員の氏名を記載した書面

指定の手続き

 博物館相当施設指定申請書に必要書類を添付して広島県教育委員会(広島市に所在する県立を除く博物館については広島市の教育委員会)に提出していただき,指定要件を満たしていると判断された場合,博物館に相当する施設として指定されます。

1 提出書類

  • 博物館相当施設指定申請書

2 添付書類

  • 当該施設の有する資料の目録
  • 直接,博物館の用に供する建物及び土地の面積を記載した書面及び図面
  • 当該年度における事業計画書及び予算の収支の見積に関する書類
  • 当該施設の長及び学芸員に相当する職員の氏名を記載した書類

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。