ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 特別支援学校(知的障害)の高等部 学科紹介

特別支援学校(知的障害)の高等部 学科紹介

特別支援学校(視覚障害,聴覚障害,知的障害,肢体不自由,病弱) 

 

生徒一人一人の自立と社会参加を応援します。

 特別支援学校の高等部では,卒業後の希望の実現に向けて,生徒一人一人の障害の状態等に応じて,様々な工夫と配慮のもとに,きめ細かな教育を行っています。

 具体的な教育内容,進路などの詳細については,各学校で随時実施している教育相談でおたずねください。

特別支援学校(知的障害) 普通科

 

 職業教育の充実を図っており,実際の職業生活や家庭生活に必要な知識や技能,態度等を身に付けることができるよう,様々な作業や実習に取り組んでいます。

 「作業学習」では,清掃,商品の包装・箱詰め・運搬・陳列,食品加工,農業などの実習を通して,職業的自立に必要な力を伸ばします。

 企業への就職を目指し,「作業学習」を週13時間以上設定して指導する職業コースを設置している学校もあります。

作業服に着替えた生徒が,自在ぼうきの使い方を学んでいます。

■各教科等を合わせた指導「作業学習 清掃」

清掃業のプロの方を招いて指導を受けている学校もあります。

高等部生徒が農業実習で園芸用ポットに土を入れる作業をしています。

■各教科等を合わせた指導「作業学習 農業」

効率を考えながら作業を行います。

三角布とエプロンを付けた高など部生徒が,作業学習で製造したパンを販売しています。

■各教科等を合わせた指導「作業学習 食品加工」

生徒が協力して開発,製造したパンなどを販売しています。

生徒が和室で姿勢よく正座をして話を聞いています。 

■職業教育の充実

ソーシャルスキルトレーニングとして和室での作法を学習しています。

生徒が裁縫をしています。生活に必要な力を身に付けています。

■教科「家庭」

家庭生活に必要な知識とスキルを身に付けています。

<中学生の進路選択に当たって 「明日にはばたく」> トップページに戻る

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。