ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

全国高等学校総合文化祭の写真部門で文化庁長官賞受賞(庄原実業高等学校)

庄原実業 写真

(全国高総文祭 文化庁長官賞受賞作 松井 瑠美さん 「黄昏(たそがれ)」)

8月8日(水)から12日(日)に富山県で開催された,全国高等学校総合文化祭(全国高総文祭)で,県立庄原実業高等学校の3年生松井瑠美(まつい るみ)さんが,写真部門で文化庁長官賞を受賞しました。
 松井さんの作品は,全国の高等学校から310点出品されたうち,最優秀賞3作品のうちの1作品に選ばれました。

 松井さんは,9月3日(月)下崎教育長を表敬訪問し,受賞作「黄昏」(たそがれ)を教育長に贈呈しました。
教育長からの「どのような思いでこの作品を撮ったのですか。」との質問に対し,「教室の窓から青い空を見ていたところ,だんだん夕日が赤くなって,きれいだったので,たそがれている雰囲気で撮りました。」と答えました。
 松井さんは,「今後は,理学療法士目指して勉強し,写真は趣味として続けたいです。」と語りました。
教育長を訪問

(9月に教育長を表敬訪問)

庄原実業高等学校ホームページ外部リンク

この記事をシェアする