ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

写真甲子園で優秀賞受賞(庄原格致高等学校)

写真甲子園 作品

                             (写真甲子園セカンド公開審査会で提出した作品『進化の系譜』)

 7月に北海道で開催された第19回全国高等学校写真選手権大会「写真甲子園2012」で,県立庄原格致高等学校の生徒3名(三島勇吾(みしま ゆうご)さん・倉谷朱梨(くらたに あかり)さん・西村陸斗(にしむら りくと)さん)が,優秀賞を受賞しました。

 「写真甲子園」では,1校3人でチームを組み,4~8枚の組写真により競い合います。全国8ブロックで初戦が行われ,応募数454校の中から初戦を突破した18校が北海道東川町に集まり,現地で撮影した写真により,本戦(ファースト→セカンド→ファイナル)が行われました。

 生徒たちは,10月4日(木),下崎教育長を表敬訪問し,セカンド公開審査会で提出した作品『進化の系譜』を教育長に贈呈しました。教育長からの,「写真には自分の気持ちが表れるので,楽しんで撮るといいですね」との言葉に対し,生徒たちは,「写真を撮ることは自分との戦いでもあるので,良い写真が撮れるよう頑張りながらも,楽しんで撮っていきたいです。」などと話していました。

庄原格致高校写真部 
(10月に教育長を表敬訪問)

庄原格致高等学校ホームページ外部リンク

「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする