ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 基本的生活習慣の定着

基本的生活習慣の定着

生活習慣は,子供の体力・学力に影響を与えることがわかっています。

 子どもたちが健やかに成長していくためには,適切な運動,調和のとれた食事,十分な休養・睡眠が大切です。しかしながら,最近の子どもたちを見ると,「よく体を動かし,よく食べ,よく眠る」という成長期の子どもにとって当たり前で必要不可欠な基本的生活習慣が大きく乱れています。こうした今日の子どもの基本的生活習慣の乱れが,学習意欲や体力,気力の低下の要因の一つとして指摘されています。
 このため,家庭における食事や睡眠などの乱れを個々の家庭や子どもの問題として見過ごすことなく,社会全体の問題として地域が一丸となり,子どもの健やかな成長を期して学習意欲や体力の向上を図るための取組を推進することが必要です。

(平成18年版 文部科学白書)

食べる食べる
遊ぶ遊ぶ
早寝早起き

早寝早起き

※ 文部科学省では,「早寝早起き朝ごはん」運動の励行など,幼児期からの基本的生活習慣の確立を目指して「子どもの生活リズム向上プロジェクト」事業を平成18年にスタートさせました。
 これを実際に国民運動として推進する母体として設立された「『早寝早起き朝ごはん』全国協議会」では,子供たちの健全育成に関心を持つ企業・団体等とともに,「早寝早起き朝ごはん」国民運動を推進するための様々な活動が行われています。(詳しくは協議会のホームページを御覧ください。⇒ 「『早寝早起き朝ごはん』全国協議会」のホームページ

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。