ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホットライン教育ひろしま >
  • 野球部が施設運営ボランティア!~湯来南高校温泉同好会プロジェクトについて報告(湯来南高等学校)

野球部が施設運営ボランティア!~湯来南高校温泉同好会プロジェクトについて報告(湯来南高等学校)

 湯来南高等学校野球部は,地域の温泉保養施設「クアハウス湯の山」と連携して,ボランティア活動を行った後,館内のトレーニングルームやプールでトレーニングの指導を受け,けがをしない身体づくりに努めています。
 「クアハウス湯の山」からは,「若者が施設に来てくれることで,高齢者の利用が多い施設の雰囲気を明るくしてくれます。うちの施設で力をつけて大会で好成績を残し,地域を盛り上げていって欲しいです。」と応援していただいています。

ボランティア1ボランティア2

 2月8日(木),次の生徒が教育長を訪問し,地域との連携の様子について報告しました。

 3年 小田尾 結平(おだお きっぺい)さん
 2年 池口 雄大(いけぐち ゆうだい)さん
 1年 梅田 湧紀(うめだ ゆうき)さん
 1年 福田 琴弓(ふくだ ことみ)さん
 
 生徒たちは,
 「週2回ボランティアをしています。クモの巣取りでは,従業員が普段掃除できないところを掃除しています。」
 「花壇などの草抜きでは,『頑張っているね』と声をかけてもらいうれしかったです。これからも声をかけてもらえるような仕事をしていきたいです。」
 「床磨きでは,しゃがんだ姿勢で腰に負担がかかりますが,汚れがきれいに落ちると達成感があります。」
 「ボランティアが終わった後にはトレーニングルームやプールでトレーニングをしています。プールでは下半身の筋力やスタミナを鍛えることができます。このおかげでけがをせず部活動に励むことができます。」
 「この取組で意識も変わって,投げ方が良くなったと実感できました。」
 「他校の野球部に呼びかけて,湯来で一緒に練習するキャンプをしたいと思っています。」
と画像を用いて活動の様子を説明するとともに,今後の計画についても話しました。

生徒1 生徒2

 教育長は,
 「奉仕の精神で掃除をしていていい取組ですね。文武両道という言葉がありますが,勉強と体を動かすことはつながっています。」
 「ボランティア活動は『善く生きる』ことにつながります。これからも野球もボランティアも続けて,学校を引っ張っていってください。」
 とエールを送り,「善く生きる」・「夢は叶う」と自筆した色紙をプレゼントしました。      
 
 集合  
 
   ⇒湯来南高等学校ホームページ外部リンク

「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする