ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 大韓民国の姉妹校との交流について報告(西高等学校・東高等学校・呉市立下蒲刈小学校)

大韓民国の姉妹校との交流について報告(西高等学校・東高等学校・呉市立下蒲刈小学校)

 西高等学校と東高等学校は,平成25年1月から,大韓民国の水原女子高等学校及び水城高等学校と姉妹校提携を結んでいます。
 平成29年度は,「朝鮮通信使に関する記録」がユネスコの世界記憶遺産に登録される予定であったことから,10月19日(木)に朝鮮通信使にゆかりが深い呉市下蒲刈町で,呉市立下蒲刈小学校を含め5校で交流を深めました。
 さらに,11月には西高等学校と東高等学校が水城高等学校を訪問し,授業参観や,韓国の料理作り体験を一緒に行いました。

朝鮮語姉妹校

 12月14日(木),次の5名の児童・生徒たちが教育長を訪問し,これまでの交流の様子について報告しました。

 西高等学校
 4年 佐藤 悠美(さとう ゆみ)さん

 東高等学校
 4年 荒谷 朋希(あらたに ともき)さん
 3年 平宮 雅雄(ひらみや まさお)さん

 呉市立下蒲刈小学校
 6年 村上 はるな(むらかみ はるな)さん
 6年 渡邉 明花(わたなべ めいか)さん
 
懇談1懇談2

 下蒲刈小学校の児童たちは,
 「下蒲刈小学校では,平成17年度から下蒲刈太鼓を演奏しています。考え方やバチの叩き方だけでなく,心構えも受け継いできました。」
 「松濤園では,5・6年生12人がこどもガイドとして,これまで調べたことを活かして案内することができました。」
 「韓国の学校の教頭先生に,『今まで朝鮮通信使について知りませんでしたが,よくわかりました。皆さんは私の先生です。』と言われてうれしかったです。」
とおもてなしの様子を報告しました。

 また,
 「韓国を訪問したのは初めてでしたが,人の温かさや優しさを感じることができました。」
 「留学や夢のイメージを大きく膨らませることができました。」
 「昨年姉妹校を受け入れた時に,書道パフォーマンスを披露しました。多くの人がその時のことや私の名前まで覚えてくださっていて,とてもうれしかったです。」
と姉妹校を訪問した感想を述べました。

児童2生徒児童

 教育長は,
 「お互いの文化を学んで交流し合えることはいいことですね。」
 「これからも夢に向かって頑張ってください。」
と話し,自筆の色紙をプレゼントしました。

 集合

西高等学校ホームページ
東高等学校ホームページ
呉市立下蒲刈小学校ホームページ