ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 高度な資格を取得&全商情報処理検定1級満点合格!(呉商業高等学校)

高度な資格を取得&全商情報処理検定1級満点合格!(呉商業高等学校)

  呉商業高等学校の生徒が,ファイナンシャル・プランニング技能検定2級に合格,そして,情報処理検定1級プログラミング部門で満点合格しました。
 ファイナンシャル・プランニング技能検定とは,顧客の資産に応じた貯蓄・投資等のプランの立案・相談に必要な技能の程度を検定するものです。合格率は23.1%で,受験者のほとんどは都市銀行や地方銀行などの金融機関の職員で,現役の金融職員でも難易度が高いものです。
 情報処理検定は,コンピュータのハードウェアやソフトウェアに関する知識,ビジネスにおける実務的表計算ソフトウェア,データベースソフトウェアの活用,プログラミングに関する技能をはかる検定です。プログラミング部門は,応用力を意識したプログラミング能力の育成を目的としており,満点合格し,表彰されました。

  3月30日(木),次の生徒が教育長を訪問し,受賞について報告しました。
  3年  岡田 凜(おかだ りん)さん
  2年 首藤 聡太(しゅとう そうた)さん

訪問の様子訪問の様子

  岡田さんは,
 「ファイナンシャルプランニングの試験では筆記試験が難しかったです。試験に向けてしっかり勉強しました。」
 「高校生活でたくさんの資格を取得することができました。充実していて,3年間がとても早かったです。」
 「4月から社会人になりますが,これまで取得した資格を活かしてお客様に喜んでいただけるよう頑張りたいです。」
 と,試験への取組や今後の抱負などについて語りました。

訪問の様子

首藤さんは,
「情報処理検定の勉強は部活動との両立があり大変でしたが,授業で学んだことを活かして試験に臨みました。」
「3年生になっても,ITパスポートや日商簿記など様々な資格を取得できるように頑張りたいです。」
「将来は商業の教員になりたいので,しっかり勉強したいと思います。」
 と,試験で苦労したことや将来の夢について語りました。

報告の様子

 教育長は,
 「ファイナンシャルプランナーの資格の取得,おめでとうございます。とても難しい試験だったと思います。これからの社会ですごく役に立つ資格の一つですね。」
 「情報処理検定の満点合格も本当におめでとうございます。合格するだけでなく,満点での合格というのはなかなかできないことですね。素晴らしいです。」 
 「お二人ともすごく頑張って,将来の夢に向かって頑張っておられます。ソクラテスの「善く生きる」という言葉があります。生きることは大切ですが,ただ生きるのではなく,人のため,社会のために「善く」生きるということが大切だということです。窓口でお客様に喜んでいただこうと頑張ることや将来教員になって生徒を育てたいという夢は本当に素晴らしいことですね。」
 と生徒の成果を祝福するとともに,今後の活躍にエールを送り,自筆の色紙をプレゼントしました。
しました。

報告の様子集合写真

 ⇒呉商業高等学校ホームページ

 「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る