ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

第95回全国高等学校サッカー選手権大会出場の激励式を開催(広島皆実高等学校)

集合 

 12月20日(火),第95回全国高等学校サッカー選手権大会に広島県代表として出場する広島皆実高等学校(4年連続13回目の出場)に対する激励式を,県庁で行いました。
 この大会での活躍を期待して,同校の33名(選手30名,マネージャー3名)を知事及び議長が激励しました。 
 
 知事から,
「県内の激戦を勝ち抜かれ代表に選ばれたのは,日頃の鍛錬の成果です。監督やコーチ,保護者の温かいご指導やご支援に敬意を表します。全国大会では体調に気をつけて,優勝旗をもぎ取ってください。」
と激励の言葉とともに,「蹴ったボールがチームの心を結集させ勝利に結びつくように」という願いを込めて「結蹴」と書かれたしゃもじと練習用ボールが贈られました。

 また,議長からは,
「全国制覇を目指して頑張ってください。すばらしい試合をして,私たちを喜ばせてください。」
と,激励品としてDVDプレイヤーが贈られました。

式1    式2

 主将の有働 周平(うどう しゅうへい)さんは,
「県民が笑顔になれるようなプレーをし,二度目の優勝旗を持って帰ります。」
と大会への決意を語りました。 

 広島皆実高等学校は,1月2日(月)に,長野県代表の創造学園高校と対戦します。(会場:浦和駒場スタジアム)

広島皆実高等学校ホームページ外部リンク

「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする