ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホットライン教育ひろしま >
  • 全国生活体験発表大会で文部科学省初等中等教育局長賞を受賞!& 大韓民国との姉妹校交流を深化!(西高等学校)

全国生活体験発表大会で文部科学省初等中等教育局長賞を受賞!& 大韓民国との姉妹校交流を深化!(西高等学校)

  西高等学校の生徒が,第64回全国高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会で,「文部科学省初等中等教育局長賞」を見事受賞するとともに,平成24年度に大韓民国の水原(スウォン)女子高等学校,水城(スソン)高等学校との姉妹校提携を締結してから4度目となる姉妹校訪問を行い,交流を深めました。

a

minzoku 

kimuti

【全国大会会場にて】

【姉妹校生徒との交流の様子】


  12月15日(木),次の生徒が教育長を訪問し,活動や交流の様子などについて報告しました。

  【全国生活体験発表大会】
   4年  中川 くるみ(なかがわ くるみ)さん
  【姉妹校訪問】 
   3年  ホーソン・愛実(えいみ)・マリーさん
            茅木 えみ(かやき えみ)さん
            佐藤 悠美(さとう ゆみ)さん
   2年  荒川 優花(あらかわ ゆうか)さん
 
nakagawanakagawa2

  全国生活体験発表大会に出場した生徒は,
  「今回の発表を通して,これまでの自分を見つめ直し,これからの自分に向けてのステップを発表することができ,自信になりました。」
 「六本木ヒルズの会場での発表は緊張しましたが,ナチュラルに自分らしく発表できました。」
  「卒業後は大学に進学し,養護教諭を目指します。」
  と,大会の様子や今後の進路などについて語りました。

  教育長は,
  「自分と向き合って,将来に向かって考えることはとても大切なことです。いい機会になりましたね。」
 「これからも夢に向かって頑張ってください。」
 と,生徒にエールを送りました。

kayasatohosonara

 姉妹校訪問をした生徒は,
 「好きなアニメやダンスなど,姉妹校の生徒と共通する部分があり,国境を越えて私たちをつなげてくれていると思うとうれしかったです。」
  「言葉が通じなくても,ジェスチャーなどで伝えようとすることの大切さを感じました。」
  「給食までピリ辛だったのには驚きましたが,食文化の違いを痛感しました。」
 「韓国料理を食べるだけではなく,実際に作るという貴重な体験ができました。」
 「初めて食べたサムゲタンはものすごくおいしくて感激しました。あの味は一生忘れません。」
  と,韓国の文化や交流の様子などについて語りました。

5nin

  教育長は,
  「とても充実した3日間でしたね。」
 「これからの社会では,『多様性』というのが一つのキーワードになります。様々なことに興味をもつことは大切です。」
 「これからも努力を重ねて,夢を実現させてください。」
  と生徒たちの今後の活躍に期待を寄せ,「夢は叶う」と自筆した色紙をプレゼントしました。

kinen

 ⇒西高等学校ホームページ外部リンク

 「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする