ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

創立100周年記念式典での生徒の取組を報告しました(神辺高等学校)

式典
記念式典開会式の様子


 神辺高等学校は,創立100周年を迎え,11月19日(土)に記念式典を開催しました。
 開催にあたり,多くの生徒が運営や装飾,記念品の作成に携わりました。

【生徒の式典への取組】

記念式典

生徒会執行部を中心とした,生徒実行委員による運営への参画
吹奏楽部による記念コンサート
放送部による司会
美術部,書道部合作の垂れ幕
フラワーデザイン部による生花

記念品

美術部,書道部デザインによるクリアファイル
美術部のデザインによるロゴの入ったタンブラー

 12月15日(木),次の3名の生徒が教育長を訪問し,記念式典の取組についての報告や,今後の抱負等を述べました。

 生徒会長          2年 松元 一真(まつもと かずま)さん
 生徒会副会長 1年 吉岡 優芽(よしおか ゆめ)さん
 代議員会議長 2年 下見 紗永(しもみ さえ)さん          

生徒1生徒2

 生徒たちは,
 「今回の式典には,生徒が一丸となって取り組みました。」
 「式典でのあいさつはとても緊張しました。しかし,この緊張のおかげで,自分自身が成長できました。」
 「人前で話す力が身に付きました。」
と,式典の感想等を話すと,教育長は,
 「力を出すときにはある程度の緊張も必要です。いい勉強をしましたね。」
 「様々な人とコミュニケーションをとるとメンタルが強くなり,人間の幅が広がります。」
と話しました。

 また,生徒たちから将来の夢を聞いた教育長は,
 「目標がしっかりしていますね。これからもそれぞれの目標に向かってがんばってください。」
とエールを送りました。
 
   集合

神辺高等学校ホームページ外部リンク

 「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする