ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

現役高校生で唯一!「技能五輪全国大会」で敢闘賞を受賞!(総合技術高等学校)

 総合技術高等学校食デザイン科3年の只重 海地(ただしげ かいち)さんが,10月21日(金)から24日(月)に開催された第54回技能五輪全国大会に出場し,「西洋料理」職種において敢闘賞を受賞しました。
  56名の出場者のうち,唯一,現役高校生として受賞しました。
 

オードブルメインディッシュ

敢闘賞を受賞した只重さんの料理  オードブル(左)とメインディッシュ(右)


 11月25日(金)に,教育長を訪問し,大会の報告や今後の抱負を述べました。

 只重さんは,大会当日に作ったデザートと同じものを教育長にふるまい,
「夏休みからレシピを考案し,研究を重ねて大会に臨みました。」
「大会では,細かい部分で至らないところがありましたが,全体では良い出来ばえでした。」
と大会を振り返りました。

 また,教育長から,
「料理を始めたきっかけは何ですか。」
と尋ねられると,
「小さいころからものづくりが好きで,中学生の時にインターンシップでホテルの厨房を体験しました。お客様の反応が素敵で,料理を作りたいと思いました。」
と,述べました。
 
 只重さんは,すでに滋賀県のホテルに就職が決まっており,
「これからも修業し,力をつけていきたいです。」
と今後の抱負を話しました。 

デザート

懇談

試食

 教育長は,
「チョコにラズベリーが練りこんであって,歯触りがあっておいしいです。ソースをつけるとさらにおいしくなりますね。」
と,デザートの感想を述べ,
「高校生で唯一の受賞とはすばらしいです。センスと努力の結果ですね。」
「4月からも新しい環境でがんばってください。」
と,今後の活躍に期待を寄せました。

記念

 ⇒総合技術高等学校ホームページ外部リンク

 「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする