ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホットライン教育ひろしま >
  • 「第11回若年者ものづくり競技大会」及び「第16回高校生ものづくりコンテスト全国大会(2016北海道)」で優秀な成績を収めました!(広島工業高等学校)

「第11回若年者ものづくり競技大会」及び「第16回高校生ものづくりコンテスト全国大会(2016北海道)」で優秀な成績を収めました!(広島工業高等学校)

 広島工業高等学校の生徒が,「第11回若年者ものづくり競技大会」及び「第16回高校生ものづくりコンテスト全国大会」に出場し,好成績を収めました。
 中でも,「高校生ものづくりコンテスト全国大会」木材加工部門においては,同部門で県勢初となる優勝に輝きました。

senbanmokuzaisokuryou

【旋盤職種】

【木材加工部門】

【測量部門】

 11月24日(木),次の生徒が教育長を訪問し,大会の結果報告を行いました。

 機械科 3年 大坪 里郁(おおつぼ りく)さん  若年者ものづくり競技大会【旋盤職種】銅賞
 建築科 3年 福重 虎星(ふくしげ りゅうせい)さん
                          ・若年者ものづくり競技大会【建築大工職種】銀賞
                          ・高校生ものづくりコンテスト全国大会【木材加工部門】優勝
 土木科 2年 太田 敬士(おおた けいし)さん  高校生ものづくりコンテスト全国大会【測量部門】出場
                       植木 隆斗(うえき りょうと)さん  同上
                           藥丸 大輔(やくまる だいすけ)さん  同上

sanninfutari

  生徒たちは,
 「実際の大会では2時間半の課題を,2時間以内で仕上げられるように練習していたので,最後まであせらずにできました。」
 「途中で失敗もありましたが,別のところでカバーできたのでよかったです。」
 「緊張してケアレスミスをしてしまい,満足できる結果が得られませんでした。来年度はリベンジしたいです。」
 と,好成績を収めた秘訣や今後の抱負について語りました。

senbansokuryou

  続いて生徒たちは,自らが作った作品を教育長に贈呈するとともに,測量の実演を行いました。

 教育長は,
 「ネジがきれいにスーッと入りますね。」
 と,生徒の作品の精度の高さに感心するとともに,3年生の2人に対して,
 「すばらしい技術者はどこの企業も欲しい人材です。生涯学び続けることが大切なので,卒業後もさらに技術を磨いて頑張ってください。」
 と激励しました。

  また,2年生の3人に対して,
  「大きな大会で平常心を保つことは難しいですが,今年の経験を糧にメンタル面も鍛えて,来年また頑張ってください。」
  と今後の活躍に期待を寄せました。   

kinen

 ⇒広島工業高等学校ホームページ外部リンク

 「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする