ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

第38 回全国スポーツ少年団ホッケー交流大会で優勝!(広島ホッケースポーツ少年団)

ホッケー

 広島ホッケースポーツ少年団(Hiroshima Buena Vista Hochey Club)は,ホッケーをたくさんの人に知ってもらい,ホッケーを好きになってもらう。そして目標に向かって自ら考え,行動できる『人』を育てることを方針として,日本一楽しく,強いホッケーチームを目指しています。

 8月5日(金)~8日(月)に開催された第38回全国スポーツ少年団ホッケー交流大会で優勝した同少年団の選手達が,8月25日(木),教育長を訪問しました。

【主将】 
吉岡 慶真(よしおか けいしん)さん<広島市立伴東小学校6年>
【副主将】  
中田 勘太(なかた かんた)さん<広島市立伴小学校6年>
【選手】
大畑 友吾(おおはた ゆうご)さん<広島市立安東小学校6年>
石丸 祥大(いしまる しょうた)さん<広島市立青崎小学校5年>   
信井 柊摩(のぶい とうま)さん<広島市立みどり坂小学校5年>
佐々木 悠人(ささき ゆうと)さん<広島市立伴小学校4年>

  選手1  選手2

 選手達は,
「どの試合も厳しい試合でしたが,みんなで団結して優勝しました。」
「練習は厳しいけど楽しいです。」
「さらに上を目指して,中学生になっても頑張ります。」
「将来は,オリンピックに出場したいです。」
と,優勝の喜びや今後の目標等を話しました。

 教育長は,「練習は厳しいと思いますが,ホッケーを楽しんで頑張ってください。次の目標に向かって,これからも努力してください。」
と,エールを送り,自筆した色紙をプレゼントしました。

集合

 「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする