ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

オリジナルブレンドコーヒーを新開発しました!(呉特別支援学校)

 県立呉特別支援学校は,就労に向けた教育の一環として,株式会社 昴珈琲店 社長 細野 修平(ほその しゅうへい)さんからブレンドコーヒーの作り方を教わり,2種類のオリジナルブレンドコーヒーを開発しました。
 口の中に広がるまろやかな甘みが特徴の「呉特支Sweet」,香り高く少し苦みのある「901094(くれとくし)香り高いビター」の2種類のコーヒーです。
 ブラジル産やコロンビア産など5種類の豆から選定を行い,生徒たち自ら何度も試飲・味のチェック・話し合いを繰り返しました。
 これらのコーヒーは,校内カフェ「パティオカフェ」外部リンク等で味わうことができます。

 6月7日(火),教育長を訪問し,2種類のオリジナルブレンドコーヒーを振る舞うとともに,コーヒー開発やパティオカフェの様子等を報告したのは,次の生徒です。

 高等部3年 岡田 将生(おかだ まさき)さん
 高等部3年 岡山 由希乃(おかやま ゆきの)さん
 高等部3年 尾橋 隆太(おばし りゅうた)さん
 高等部3年 杉山 力斗(すぎやま りきと)さん
 高等部3年 西村 春香(にしむら はるか)さん
 高等部3年 原田 恵悟(はらだ けいご)さん
 高等部3年 森 絵梨香(もり えりか)さん

豆の選定を行う生徒たち(4.14)
豆の選定を行う生徒たち(4.14)

「昭和地区ふれあいフェスティバル」での出張販売の様子(4.24)
「昭和地区ふれあいフェスティバル」での
出張販売の様子(4.24)

 パティオカフェでの体験について,生徒たちは
 「お客様にコーヒーをお出ししたとき,美味しいと言って喜んでもらえて嬉しかったです。」
 「接客はとても緊張しましたが,最後までできて良かったです。」
 「笑顔で対応できるよう,練習して頑張りました。」
 等と,話しました。

報告記念撮影

 2種類のコーヒーを試飲した教育長は,
 「オリジナルというところが良いですね。どちらも美味しいです。気持ちが落ち着きます。」
 「これからも,地域の人に喜んでもらえるよう,頑張ってください。」 
 と,エールを送りました。

 ⇒呉特別支援学校ホームページ外部リンク

 「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする