ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

選抜甲子園大会閉会式の総合司会を担当しました!(尾道北高等学校)

 県立尾道北高等学校放送部3年の中村みちるさん(なかむら みちる)さんが,平成28年3月20日(日)から3月31日(木)まで阪神甲子園球場で開催された,第88回選抜高等学校野球大会の閉会式で総合司会の大役を果たしました。
 昨年7月のNHK 杯全国高校放送コンテスト朗読部門で,全国第3位相当の優秀を受賞したことから,この大会に抜擢されました。
 なお,優勝から優秀までの4名は,中村さん以外すべて3年生であり,2年生での受賞は,快挙といえます。

 5月18日(木),教育長を訪問し,大役を果たした感想や,今後の抱負を述べました。

甲子園で総合司会を行う中村さん(中央)
甲子園で総合司会を行う中村さん(中央)

司会の様子
司会の様子


 映画などの劇伴音楽の作曲家になるのが将来の夢である中村さんは,選抜大会閉会式での感動を自作の曲にのせ,教育長に披露しました。

ピアノ演奏の様子報告

 中村さんは,
 「短い時間の中でどれだけ濃厚な練習をすることができるかを意識しながら練習しています。」
 「NHK杯で良い結果を残せたことで,自信になりました。」
 「選抜甲子園大会で司会を務めたことは,とても良い経験になりました。」
 「夢をかなえられるよう,これからも頑張ります。」
 と,話しました。

教育長は,
 「作曲を通してみんなに喜んでもらえると良いですね。今後が楽しみです,頑張ってください。」 
 と,エールを送りました。

記念撮影

 ⇒尾道北高等学校ホームページ外部リンク

 「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする