ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「第9回キャリア教育優良学校」文部科学大臣表彰を受賞(加計高等学校)

 加計高等学校では,地元小・中学校等や地域・産業界と連携・協力を主体的に図り,組織的,系統的なキャリア教育に取り組むことで生徒の地元への理解・愛着・誇りを育む教育を積極的に推進しています。
 手作りのおもちゃを被災地に贈ったり,地域の材木を活用して,材木に香りを付けたアロマチップや,炭を作成するなどといった取組が評価され,同校は「第9回キャリア教育優良学校」として文部科学大臣から表彰されました。

「探究活動の時間」取組の様子
「探究活動の時間」取組の様子


 2月9日(火),同校から次の3名の生徒が生徒代表として教育長を訪問し,活動の報告を行いました。

 2年 武本 真依(たけもと まい)さん
   【総合的な学習の時間「探究活動の時間」における取組について】
 2年 佐々木 尚哉(ささき なおや)さん
   【ビヨンドトゥモロージャパン未来リーダーズサミット2015 出場について】
 1年 矢立 陽規(やたて たかき)さん
   【第4回「イオンeco-1グランプリ」中四国大会出場について】

 生徒たちは,活動を振り返って
 「活動したことで視野が広がりました。」
 「おもちゃは,子供たちに危険がないようにと考えながら作りました。」
 等と話しました。

報告記念撮影

 最後に教育長が生徒3人に「善く生きる」と書かれた自筆の色紙をプレゼントし,
 「自分のことだけでなく,地域や社会のためになる生き方を,これからも考えて行動していってください。」
 と述べました。

 ⇒加計高等学校ホームページ外部リンク

 「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする