ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

研修の報告と研究開発により栽培したシクラメンを贈呈しました(西条農業高等学校)

 西条農業高等学校では,フィリピンの大学・高校・研究機関等を訪問して研究交流を行うことにより,将来,グローバルに活躍できる科学技術系人材を育成することを目的に,スーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業に係るフィリピン共和国研修を行っています。
 (※)スーパーサイエンスハイスクール(SSH)・・・科学技術・理数教育を重点的に行う学校を,文部科学省が指定

 1月6日(水),生徒4名が教育長を訪問し,この研修の報告と,SSH事業の研究開発により栽培した高品質な「西農シクラメン」を贈呈しました。

【西農シクラメンの贈呈】
 園芸科3年 西川 勇哉(にしかわ ゆうや)さん
 園芸科3年 森本 咲良(もりもと さくら)さん

シクラメン1

シクラメン2 

 はじめに,シクラメンを教育長に贈呈しました。
 栽培した生徒は,
 「天候の影響を受けやすく,西条は育ちにくい環境ですが,丹精込めて作りました。」
と話しました。

 教育長は,
 「出来がいいですね。育ちにくい環境の中,栽培するのは大変だったですね。大切に育てます。」
と話しました。

【SSHフィリピン共和国研修】
 園芸科2年 斉藤 樹生(さいとう たつき)さん
 生物工学科2年 長井 侑也(ながい ゆうや)さん

 研修研修

 SSHフィリピン共和国研修は,平成27年11月9日(月)から11月17日(火)の9日間で行われました。
 生徒たちは,企業訪問で遺伝子組換のトウモロコシの栽培を見学したことや,ホームステイし,現地の高校で授業体験を行ったこと等を報告しました。
 
 教育長から,研修について聞かれた生徒たちは,
「フィリピンは科学技術の研究をしている企業が多く,勉強になりました。」
「フィリピンの文化を学ぶことができました。これからも相互の交流を続けていきたいです。」
と話しました。

 教育長は,
「これからもそれぞれの目標に向けて頑張ってください。期待しています。」
とエールを送りました。

集合

西条農業高等学校ホームページ外部リンク

「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする