ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

書道部が国際会議の参加者に大書揮毫を披露しました(安西高等学校)

    
 11月30日(月)から12月2日(水)の間,広島市内において,「情報通信の開発指標を考える国際シンポジウム(WTIS-15)in広島」が開催されました。
 安西高等学校書道部は,12月2日(水)に,シンポジウム参加者に日本文化と夕食を楽しんでいただくため広島市タカノ橋商店街で行われたクロージングイベント「日本の文化を感じる。タカノ橋商店街WTIS祭り」において,勇壮な和太鼓とコラボレーションして,力強く華麗な大書揮毫パフォーマンスを披露しました。

当日1    当日2

 12月15日(火)に,パフォーマンスを披露した書道部の生徒が教育長を訪問し,活動の様子などを報告しました。

 3年生 福田 英里奈(ふくだ えりな)さん
                田尾 瑞穂(たお みずほ)さん
   2年生  宇治部 遥香(うじべ はるか)さん
   1年生  丸吉 夏鈴(まるよし かりん)さん
                米田 亜美さん(よねだ あみ)さん
                鎌倉 有希(かまくら あき)さん
                小田 藍香(おだ あいか)さん
                豊原 百花(とよはら ももか)さん
                杉本 早羅(すぎもと さら)さん
   留学生 寥    雅希(liao  yasi)さん

 生徒たちは,当日のパフォーマンスの映像を示しながら,
「緊張しましたが,皆で協力して楽しめました。」
「留学生の寥さんが英語で説明をして,書道部がパフォーマンスを披露しました。」
「約350名の外国人の方々に,日本文化を知ってもらうことができました。」
と,話しました。

パソコン生徒

 また,今後の抱負を聞かれた生徒たちは,
「これまで,先輩たちは数々の賞を受賞してきました。その先輩たちを超えられるよう頑張りたいです。」
「書道パフォーマンスで全国制覇を目指します。」
と話しました。

 教育長は,
「書道パフォーマンスは,チームワークと日々の精進が大切です。これからも頑張ってください。」
と,エールを送りました。

集合

 ⇒安西高等学校ホームページ外部リンク

 「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする