ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

はじめての学習発表会で行う接客サービス等を披露(呉南特別支援学校)

    呉南1

 呉南特別支援学校は,11月7日(土),開校後初めての学習発表会を行います。学習発表会では,幼児・児童・生徒が日々の学習の成果を保護者や地域の皆様へ披露します。
 
 10月20日(火),次の生徒が教育長を訪問し,学習発表会で披露する接客サービスの実演やステージ発表の内容について紹介しました。

 知的障害部門高等部1年 日浦 宏真(ひうら ひろまさ)さん
 聴覚障害部門中学部2年 御崎 菜央(みさき なお)さん 

 日浦さんは,教育長をお客様に見立て,接客サービスの実演を行いました。
 注文を聞いた後,慣れた手つきでコーヒーを淹れ,生徒たちが手作りしたマドレーヌを添えて,丁寧に教育長に提供しました。

 教育長から,
「マドレーヌは柔らかくておいしいですね。接客は緊張しますか。」
と聞かれた生徒たちは,
「接客は緊張します。マドレーヌはみんなで作りましたが,時間がかかって難しかったです。」
「現在,呉市の酒造会社と連携して,酒かす蒸しパンを開発中です。」
と話しました。

   御崎さんは,学習発表会当日にステージ発表で披露する劇や演奏について,報告しました。

呉南3呉南4
  
 また,教育長から,学校生活や今後の目標について尋ねられた生徒たちは,
「理科の実験が楽しいです。」
「学習発表会では,たくさんの人に喜んでもらえるように頑張ります。」
「これから技能検定を受けるので,全ての部門で1級を取りたいです。」
と語りました。

 教育長は,
「マドレーヌ作りなど,これからも練習して,さらに良いものを作っていってください。」
「技能検定で目標を高く持つことは良いことです。頑張ってください。」
と,生徒たちを激励しました。

 ⇒呉南特別支援学校ホームページ外部リンク

 「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする