ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

部活動生徒が全国大会等で大活躍!(五日市高等学校)

 五日市高等学校の部活動生徒が,今年度の全国大会等で日頃の努力の成果を発揮し,すばらしい活躍をしました。

 放送部 第62回NHK杯全国高校放送コンテスト ラジオドキュメント部門 準優勝
 書道部 全国高等学校書道パフォーマンス選手権大会 第3位
 ワンダーフォーゲル部 平成27年度全国高等学校総合体育大会(登山競技) 登山の部 団体女子第3位
 写真部 第40回 2015JPS展 18歳以下部門 最優秀賞

書道部
書道パフォーマンス選手権大会の様子

ワンダーフォーゲル部
総合体育大会登山競技の様子

 9月2日(水),教育長を訪問し,大会の様子や今後の活動の抱負等について報告したのは,次の生徒です。

<放送部>
 芳村 映(よしむら はゆる)さん (3年)
 木村 智子(きむら ともこ)さん (2年)
 柳 日菜子(やなぎ ひなこ)さん (2年)
<書道部>
 岡田 萌佳(おかだ もえか)さん (3年)
 土田 瑞季(つちだ みずき)さん (3年)
<ワンダーフォーゲル部>
 竹村 実結(たけむら みゆう)さん (3年)
 山口 楓果(やまぐち ふうか)さん (2年)
<写真部>
 金本 凜太朗(かねもと りんたろう)さん (2年)

<放送部>
 「原爆をテーマに,自分たちに何ができるか,導いた答えを作品にしました。」
 「ことばを,どう伝えていけばいいか,とても悩みました。」
 「取材で出会った人たちの思いを受け継いでいるような気がしました。」
と,作品についての思いを話しました。

<書道部>
 「平和に対する思いを書道パフォーマンスにしました。」
 「練習と違って,とても緊張しましたが,今までで最高のパフォーマンスができました。」
 「今まで以上に練習して,もっと上の賞を目指せるようにがんばります。」
と,大会の様子や今後の目標について話しました。

<ワンダーフォーゲル部>
 「3日間で35kmの行程ですが,審査項目が多く,最後まで気が抜けません。」
 「登りきった後の達成感が,とてもいいです。」
 「来年こそ優勝できるように,日頃の練習に力を入れて,がんばります。」
と,活動の様子やこれからについて話しました。

<写真部>
 「念願の最優秀賞を取れました。次は,一般部門でも取りたいです。」
 「見る人に刺激を与えられるような写真を撮り続けていきたいです。」
 「今後は,自分の個展を開きたいです。」
と,今後の抱負について話しました。

報告集合

 教育長は,
「それぞれの夢に向かって,しっかりがんばってください。」
と,今後の活躍に向けて,エールを送りました。

 ⇒五日市高等学校ホームページ外部リンク

 「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする