ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

全国高等学校ダンスドリル選手権大会HIPHOP女子部門に3年連続出場!(呉宮原高等学校)

 今年で創部14年目を迎える呉宮原高等学校ダンス部は,地域のイベントへの参加や公演会の開催等の活動を行う一方で,平成23年度からは,様々な大会に挑戦しています。

 同部は,7月31日(金)と8月1日(土)に,東京で開催される「全国高等学校ダンスドリル選手権大会2015」のHIPHOP女子部門スモール編成(1チーム13人以下)に,中・四国地区の代表として,3年連続3回目の出場を果たします。

 7月22日(水),教育長を訪問し,大会への抱負や意気込みを語ったのは次の8名です。
 
     2年生 今井田 くるみ(いまいだ くるみ)さん
                山地 笑佳(やまち えみか)さん
                山本   萌(やまもと めぐみ)さん
                山口   凛(やまぐち りん)さん
                平村 璃乃(ひらむら りの)さん
     1年生 横山    恵(よこやま めぐみ)さん
                 赤瀬    華(あかせ はな)さん
                 川上 杏実(かわかみ あみ)さん               

1 
全国高等学校ダンスドリル選手権大会2015中四国大会の様子

 教育長から,練習について尋ねられた部員達は,
 「土日も含め,毎日3時間は練習しています。」
 「振り付けはみんなで決めます。息を合わせるのが難しいです。」 
等と話しました。

 また,
 「この大会で優勝し,世界大会へ出場したいです。」
 「先輩から受け継いだダンスを,さらにバージョンアップさせて後輩に受け継いでいきたいです。」
と,大会への意気込みやダンスに対する思いを語りました。 
 
 教育長は,
 「悔いの残らないように,力を出し切って頑張ってください。良い報告を楽しみにしています。」
と,生徒たちを激励しました。

 呉宮原高校2 呉宮原高校3

 ⇒呉宮原高等学校ホームページ外部リンク

 「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする