ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ルワンダ・レインボー・プロジェクトを教育長に報告(祇園北高等学校)

 祇園北高等学校生徒会は,平成16年度から毎年,卒業生の体育館用運動靴を集めて,アフリカのルワンダ共和国の子供たちに贈るボランティア活動を行っています。


祇園北高等学校

祇園北高等学校
ルワンダの生徒達からのメッセージ

 7月15日(水),同校生徒会の生徒が教育長を訪問し,今年で12周年を迎えるこの活動について報告しました。
生 徒 会 長 越智 雄登(おち ゆうと)さん
前生徒会長 川田 弘希(かわた こうき)さん
前 副 会 長 瀧本 律(たきもと りつ)さん
文化委員長 織田 真琴(おりた まこと)さん

 活動について聞かれた生徒たちは,
「毎年150~180足くらい集まります。洗うのは生徒会だけでなく,他の部活動の生徒も手伝ってくれるので,そんなに苦労はないです。」
「先輩からも,『この活動はぜひ続けてほしい』と言われているので,続けていきたいです。」
と話しました。

 また,他の生徒会活動について聞かれた生徒たちは,
「昨年度の土砂災害の時は,募金を行いました。」
「これからは,ペットボトルのフタを集めて,ワクチンと交換する活動ができないか検討しています。」
「こういった活動プランを考えるのはとても楽しいです。」
と話しました。

 教育長は,
「いい伝統を受け継いでいますね。自分たちで課題を見つけて,自分たちなりの回答を考えながら,実際にアクションするということがとても大切です。これからもいい報告を期待しています。」
とこれからの活動に期待を寄せました。

報告集合

 ⇒祇園北高等学校ホームページ外部リンク

 「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする