ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

みんなで踊った「ええじゃんSANSA・がりコンテスト」審査員特別賞受賞!(尾道特別支援学校)

 5月2日,3日に開催された第72回尾道みなと祭 「第14回ええじゃんSANSA・がりコンテスト」で,審査員特別賞を受賞した同校ヒップホップステップ部が,教育長にコンテスト当日の様子や,日々の練習の様子を報告しました。

 宮里 昌樹(みやさと まさき)さん
 藤田 星七(ふじた せな)さん
 久保 正和(くぼ まさかず)さん
 岩谷 海斗(いわたに かいと)さん
 村上 宙暉(むらかみ ひろき)さん
 平松 亜蕗愛(ひらまつ あろあ)さん
 川上 明日香(かわかみ あすか)さん
 瀬戸 拓海(せと たくみ)さん
 山中 万穂(やまなか まほ)さん
 瀬戸 海都(せと かいと)さん

コンテスト当日
コンテスト当日,練習の成果を発揮する生徒達

 尾道みなと祭は,尾道発展の礎となった尾道港開港の恩人平山角左衛門の功績を称え,尾道のさらなる発展を祈念して,昭和10年に第1回が開催され,今日まで続いてきました。
 創作ダンスコンテスト「ええじゃんSANSA・がり」は,平成14年の尾道駅前再開発の完了を期に,尾道みなと祭でスタートし,今では尾道を代表する催しとなっています。

 生徒たちは,コンテスト当日に着用した衣装を身にまとい,
「毎日,みんなで一生懸命練習しました。」
「当日は暑かったけど,とても楽しく踊ることができました。」
「受賞できて,とても嬉しかったです。来年も受賞できるようにしたいです。」
と話しました。

尾道特別支援学校
当日の様子を報告しています

表彰状
表彰状を披露しました

 教育長は,
「全員で踊るというのは,楽しくていいですね。また来年も受賞できるように,がんばってください。」
とエールを送りました。

写真パネル集合

 ⇒尾道特別支援学校ホームページ外部リンク

 「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする