ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「サンフレパン」の開発と販売(吉田高等学校)

 吉田高等学校がある安芸高田市には,Jリーグのサンフレッチェ広島が練習拠点を置いており,吉田高等学校にもサンフレッチェユースの選手が生徒として多数在籍しています。そこで吉田高等学校では,サンフレッチェ広島のチームカラーである紫色に着目し,地域のパン屋さんと連携して,この度新たに「サンフレパン」(あんぱん,ロールパン)を開発して,販売することになりました。

サンフレパン
開発した「サンフレパン」


 4月30日(木),開発に携わった同校アグリビジネス科3年生の,次の3名の生徒が教育長を訪問しました。
加藤 睦次樹(かとう むつき)さん
柴田 瑞季(しばた みずき)さん
鳥井 亮輔(とりい りょうすけ)さん

 生徒たちは,サンフレパンの販売に向けた活動の中で,
「成形するときに,あんこを包むのが大変でした。」
「完成したパンを食べた家族が喜んでくれて,嬉しかったです。」
と話しました。

 今後のサンフレパンの目標を聞かれた生徒たちは,
「このサンフレパンを,もっと宣伝して広めていきたいです。」
と話しました。

 教育長は,「吉田高校にサンフレパンあり!となるようにがんばってください。」とエールを送りました。

  

説明集合

 
 そして5月2日(土),生徒3名が,エディオンスタジアム広島で実際に「サンフレパン」を販売しました。前日から用意していたあんぱんとロールパン合わせて400個を,完売しました。

販売販売

 ⇒吉田高等学校ホームページ外部リンク

 「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする