ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「こどもホタレンジャー」発表大会環境大臣賞を受賞(東広島市立吉川小学校)

 東広島市立吉川小学校が取り組んでいる水環境の保全活動が高く評価され,今年度の「こどもホタレンジャー」発表大会で環境大臣賞(全国の小学校・中学校から1校)を受賞しました。
 この賞は,水環境を保全する活動に取り組む学校を表彰するもので,今年度は全国38団体から応募がありました。

発表大会
「こどもホタレンジャー」発表大会の様子

環境大臣賞表彰
環境大臣賞表彰の様子

受賞者
受賞者の様子

 3月13日(金曜日),吉川小学校を代表して,中西 柊斗(なかにし しゅうと)さん,波光 悠河(はこう ゆうが)さんの2人が教育長を表敬訪問し,受賞の報告やこれまでの活動の概要などを述べました。

集合写真歓談

 2人は,今年度から第3・4学年の児童が,ホタルの住みやすい環境づくりに取り組んでいること,ふだんの取組として,主に川探検をしてゴミ拾いを行っていることを話しました。

 教育長から「校区に流れている古河川は,どのような川ですか。」「発表大会では,どのような発表をしたのですか。」と尋ねられた2人は,「カワニナやハヤが住んでいて,川の水は,きれいです。」,「『古河川はホタルが住みやい環境になっているのか』と課題を設定し,自分たちに何ができるかを考え,東広島市役所の方と水質調査を実施したことなどを発表しました。」と答えました。

 教育長は,「善く生きる」と自筆した色紙を2人にプレゼントし,「自分の夢を大切にして,今環境づくりに取り組んでいるような,人に喜んでもらえる,人のためになる生き方を大切にしてください。」と述べました。

 ⇒東広島市立吉川小学校ホームページ外部リンク

「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする