ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

リズムダンスの全国大会で優秀賞を受賞(竹原市立賀茂川中学校)

全国大会の様子
全国大会の様子

 竹原市立賀茂川中学校3年生女子17名で構成するリズムダンスチーム「3shine(サンシャイン)」が,「第2回全国中学校リズムダンスふれあいコンクール広島大会」で優勝し,12月26日(金)に東京で行われた全国大会に出場して,規定曲部門28チーム中,優秀賞(全国4位)に輝きました。

 「全国中学校リズムダンスふれあいコンクール」は,中学校の教科・保健体育において必履習となっているリズムダンス(現代的なリズムのダンス)を学年(学級)単位で発表する大会です。
 賀茂川中学校の生徒たちは,1学期のリズムダンス(現代的なリズムのダンス)の授業だけでなく,放課後や休日に話し合いを重ねて創作し,元気いっぱいのダンスを披露しました。

 2月10日(火),「3shine(サンシャイン)」の代表として,3年生の稲野双実(いなの ふたみ)さん,谷優里(たに ゆうり)さんが教育長を訪問し,大会の報告をしました。体育や音楽が好きな2人が中心となって取り組み,後半の自由ダンスは谷さんがメインで考えました。

教育長に大会の報告 全国大会の映像を披露

 「緊張しましたが,楽しく踊れました。」「3shine(サンシャイン)の『3』は3年生という意味で,『shine』は太陽のように明るく頑張ろう,という気持ちで付けました。」と,笑顔で話す生徒たち。
 全国大会の映像を見た教育長は,「頑張って賞を取ってすごいですね。チームワークもばっちりです。メンバーはみなさん3年生ということなので3月で卒業ですが,違う学校に行っても強い絆で繋がっていてくださいね。」と話し,健闘を称えました。

集合写真

竹原市立賀茂川中学校ホームページ外部リンク

「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする