ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「高校生ものづくりコンテスト」において優秀な成績を収めた生徒を表彰(県内の高校生)

集合写真(知事賞).jpg
広島県知事賞の表彰式

集合写真(教育長賞)
広島県教育長賞の表彰式

  5月から11月にかけて,高校生が技術や技能を競い合う「高校生ものづくりコンテスト」(主催:全国工業高等学校長協会)が開催されました。競技部門としては,旋盤作業,電気工事,電子回路組立,化学分析,木材加工,測量,自動車整備の7部門があります。出された課題をもとに作業していき,広島県大会,中国地区大会,全国大会と勝ち進んでいきます。平成26年度で14回目の開催になります。

 2月9日(月)に,広島県知事賞・広島県教育長賞の表彰式が行われ,広島県知事賞には全国大会出場者6名(4部門)が,広島県教育長賞には中国地区大会出場者11名(6部門)が表彰されました。

広島県知事賞

 広島県知事賞の表彰式で,知事は「広島県のものづくりを担う将来のスペシャリストとして,ますます活躍されることを心から期待しています」と激励しました。 

 全国大会に出場した市立広島工業高等学校自動車科3年の中村 康太郎(なかむら こうたろう)さんは,「決して一人ではできませんでした。部員や周りの人に感謝しています。卒業後は社会に出て,広島県のものづくりに貢献したいです。」と支えてくれた周囲への感謝と今後の決意を話しました。

 

 広島県教育長賞の表彰式で,教育長は「広島は国内有数のものづくり県です。さらに精進して技術を磨き,日本のものづくりを支えていってください。」とエールを送りました。

 中国地区大会に出場した県立宮島工業高等学校機械科3年の徳淵 勇基(とくぶち ゆうき)さんは,「ものづくりを通して,技術だけでなく,人間としても成長できました。この経験を生かして,さらに高い技術を身に付けられるよう取り組みます。」と話しました。

広島県教育長賞

被表彰者一覧はこちら (PDFファイル)(134KB)

「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

この記事をシェアする