ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

姉妹校のクアラ・セランゴール理数中高等学校と交流(庄原格致高等学校)

集合写真

姉妹校の生徒との交流の様子

 庄原格致高等学校は平成25年3月にクアラ・セランゴール理数中高等学校(マレーシア)と姉妹校提携を締結しました。
 その後,庄原格致高校の生徒が修学旅行で当該校を訪問する等交流を深めています。

 5月28日(水)から30日(金)までの間,クアラ・セランゴール理数中高等学校の訪問団27名(生徒24名,教員3名)が来広し,庄原格致高校の生徒宅にホームステイをしながら,学校での歓迎セレモニーやスポーツ交流,大学や病院の見学等,さまざまな交流行事を行いました。

教育長に交流活動の報告

 28日,クアラ・セランゴール理数中高等学校の訪問団と庄原格致高校の生徒が教育長を訪問し,交流の様子を報告しました。

 修学旅行で現地を訪問した時のことについて,庄原格致高校の生徒は,「いろんな国の人が暮らしているのを見て驚き,国際化を実感しました。日本についての質問にうまく答えられなかったので,もっと日本のことを知っていきたいと思いました。」と話しました。

 教育長から広島の印象について聞かれた,クアラ・セランゴール理数中高等学校の生徒は「広島の街はとても綺麗。」と,流暢な日本語で答えました。

 教育長は,「相互に交流が広まればとても嬉しいですね。マレーシアは日本と交流が深いので,ますます交流が深まることを祈っています。」と話しました。

 ⇒庄原格致高等学校ホームページ外部リンク

「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする