ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホットライン教育ひろしま >
  • 「青少年読書感想文コンクール」広島県審査における2年連続「特選」受賞を教育長に報告しました(広島中学校)

「青少年読書感想文コンクール」広島県審査における2年連続「特選」受賞を教育長に報告しました(広島中学校)

広島中1広島中2

 第59回「青少年読書感想文コンクール」(公益社団法人全国学校図書館協議会・毎日新聞社主催)の広島県審査で,2年連続で「特選」を受賞した,広島中学校3年の間瀬 花(ませ はな)さんが,2月10日(月)に教育長を表敬訪問しました。

 このコンクールには全国から445万1392編の応募があり,759編の作品が地方審査を通過しました。『フェリックスとゼルダ』(あすなろ書房)を読んで書かれた間瀬さんの作品「物語に託す希望」は広島県代表として中央審査に送られました。

  
広島中3

 教育長から本の感想を尋ねられて,間瀬さんは「課題図書の中から帯の言葉に惹かれてこの本を選びました。困難な状況においても希望をもって前向きに過ごす主人公の姿に感銘を受けました」と答えました。

 「思ったことを言葉で表現することは難しいが,文章を書くのは好き」と話した間瀬さん。読書好きの教育長と,本や美術,音楽の話で盛り上がりました。

 教育長は,「得意澹然 失意泰然」と自筆した色紙をプレゼントし,「これからも様々なジャンルの本に挑戦して,幅広く勉強してください」と激励しました。

広島中学校ホームページ外部リンク

「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする