ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

熊野高校オリジナル「熊野筆検定」テキストが完成

 

熊野筆検定テキスト
熊野筆検定テキスト

熊野筆に関する学習会
熊野筆に関する学習会

 

 12月20日(金)に県立熊野高等学校の生徒3名が教育長を訪問しました。生徒たちは,熊野高校オリジナル「熊野筆検定」テキストを制作し,その検定問題を全校生徒で学習し,検定に取り組んだ活動内容について報告しました。

 表敬訪問したのは,3年の平田 海(ひらた うみ)さん,2年の中村(なかむら) みさとさん,藤本 祐美(ふじもと ゆみ)さんの計3名。

 このたび,熊野高等学校の生徒は,熊野筆に関する学習や研修を通して得た知識を生かし,「熊野筆検定」テキストを制作しました。
 「熊野筆検定」は,「熊野町と熊野筆の歴史」「熊野筆のつくり方」「筆・墨・書にかかわる豆知識」の3分野から全問題数84問のうち正解数45問以上で3級,60問以上で2級,70問以上で1級,80問以上で「熊野筆のマイスターの称号」を学校長が認定するものです。

熊野高等学校

 生徒たちは,「インターネットや本で勉強した他,実際に筆づくりをしている現場を見て新たな発見をしました。」「全校生徒で検定を受けましたが,今後は小中学校や他の高等学校へもテキストを配付したいです。」と,テキストを作成する過程や今後の展開について述べました。

 テキストを見た教育長は,「なかなか難しい問題が多いですね。4月に入学した新入生にテキストを配ったり,第2弾・第3弾のテキストを作成したりするなど,広がりを期待しています。」と述べ,「善く生きる」と自筆した色紙をプレゼントしました。

熊野高等学校ホームページ外部リンク

この記事をシェアする