ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

全日本バレーボール小学生大会(女子)に出場(落合バレーボールクラブ)

 6月30日(日)に中区スポーツセンター(広島市)で開催された「第33回全日本バレーボール小学生大会広島県大会(女子)」で優勝し,全国大会へ出場する落合バレーボールクラブの選手たちが,7月25日(木),県庁を訪れました。

 県庁を訪れたのは,広島市立落合小学校6年生8名,4年生4名ほか,計19名。
 落合バレーボールクラブは,落合小学校の児童17名により結成され,同校体育館で日々練習に励んでいます。

落合バレーボールクラブ
落合バレーボールクラブの選手たち

議長
林県議会議長を訪問

 まず,林県議会議長を訪問し,議場の見学を行いました。初めて見る議場の雰囲気に感嘆の声が上がりました。議長から,議会の話や激励の言葉をいただきました。 

集合写真
下崎教育長を訪問

落合バレーボールクラブ

 次に,下崎教育長を訪問しました。選手代表は,「全国大会では大きな声を出して,一つ一つ勝ち進んで,センターコートに立って全国優勝したいと思います。」と決意表明しました。教育長から,「一意専心」と自筆した色紙を選手一人一人にプレゼントされ,「試合ではプレーに集中し,良い結果が出るよう頑張ってください。」と激励されました。

 城納副知事
 城納副知事を訪問

 次に,城納副知事を訪問しました。副知事から,「高校のときにバレーボールを始め,強くはなかったですが一生懸命取り組みました。おかげでスポーツを通じて友達ができ,良いことが一杯ありました。皆さんも頑張ってください。」と激励されました。

 落合バレーボールクラブは,8月13日(火)から16日(金)まで東京で開催される全国大会に出場します。

この記事をシェアする