ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「ものづくり高校生マイスター育成事業」広島県大会対策第1回セミナーを開催

 4月20日(土)に,県立広島工業高等学校において,工業高校等の生徒846名(午前の部732名,午後の部114名)が参加し,平成25年度「ものづくり高校生マイスター育成事業」広島県大会対策第1回セミナーを開催しました。

 午前の部では,株式会社島精機製作所代表取締役社長 島 正博氏に「変革する力,チャレンジする力~愛と氣で創造する~」という演題で,ものづくりに関する特別講演をしていただきました。「 困ったときは原点に戻って考えることが重要である。」「 ものづくり産業を担う生徒に望むこととして,作れないものを創るというあきらめない信念と情熱を持つことである。」という,島社長ご自身の経験を踏まえたお話に,生徒は熱心に聴き入っていました。

ものづくり
特別講演(代表取締役社長 島 正博 氏)

ものづくり
熱心に講演を聴きメモを取る生徒

 セミナーに参加した生徒から,「絶対にあきらめなかった話を聞いて,力が沸いてきました。」「好奇心を持つことや相手の立場に立ち考えることの大切さを改めて感じました。」「どこにもないものを創り出すために,高校での学習を大切にします。」等の感想を聞くことができました。

 午後の部は,10校114名の生徒が旋盤作業部門,電気工事部門,電子回路組立部門,化学分析部門,木材加工部門,測量部門の6部門にそれぞれ分かれ,ひろしまマイスター等による熱意ある実演指導や技術指導を受けました。

ものづくり
旋盤作業部門の様子

ものづくり
電気工事部門の様子

ものづくり
電子回路組立部門の様子

ものづくり
化学分析部門の様子

ものづくり
木材加工部門の様子

ものづくり
測量部門の様子

 各部門とも,「平成25年度高校生ものづくりコンテスト中国大会」の課題に取り組み,ひろしまマイスター等に熱のこもった指導を受け,生徒は真剣に取り組んでいました。
 セミナーに参加した生徒から「他校の生徒の作業を見ることができて大変参考になった。」「マイスターより分かり易く丁寧に技術指導をしていただき,とてもよかった。」等の感想を聞くことができました。

平成25年度ものづくり高校生マイスター育成事業

  

この記事をシェアする