ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

166名の「子ども司書」が誕生しました

 活動報告
活動報告
認証式
認証式
ポップコンクール
ポップコンクール

平成25年2月16日(土),東広島市中央生涯学習センターにおいて,本年度の「子ども司書」認証式を行いました。

「子ども司書」は,広島県の子どもたちの読書活動を推進するリーダーです。

今年も県内から集まった読書が大好きな小学校5・6年生が,年間を通じて全体研修や地域の公立図書館等で研修をし,さらに各学校等で実践を行ってきました。その子どもたち166名が,今年度の「子ども司書」に認証されました。

この講座は平成22年度から実施しており,今年度で3年目の取組となります。平成22年度は137名を認証,平成23年度は141名を認証し,県内の読書活動の推進リーダーとして活躍しています。

当日は,ポップコンクールの後,府中町立府中南小学校,海田町立海田小学校,熊野町立熊野第二小学校,府中市立旭小学校,呉市立吉浦小学校の5名の児童が代表で活動報告を行いました。その後,いよいよ認証式です。166名の子ども司書一人一人に下崎邦明教育長が認定証を渡しました。そして最後に,東広島市立八本松小学校の児童が,子ども司書の代表として今後の抱負を堂々と述べました。

提出された166のポップの中から参加者の投票で第1位から第3位が決定しました。
紹介された本を思わず手に取りたくなるように工夫されたポップばかりでしたが,
その中で選ばれのはこれらです。
第1位
第1位
第2位
第2位
第3位
第3位

子ども司書養成講座のページ

「広島の教育ギャラリー」一覧へ戻る

この記事をシェアする