ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

第95回全国高等学校野球選手権大会ポスター用原画コンクール受賞(安芸府中高等学校)

岡崎栞さんの作品
         (c)2013朝日新聞社
岡崎栞さんの作品(グランプリ)
「甲子園の『あつい』というイメージが表せるように描きました。」

中園響さんの作品
         (c)2013朝日新聞社
中園響さんの作品(ゴールド賞)
「かっこいい作品にしたかったので,ピッチャーとバッターに力を入れて描きました。」
大段加奈子さんの作品
         (c)2013朝日新聞社
大段加奈子さんの作品(ゴールド賞)
「『あつい』といえば赤をイメージするのですが,あえて青色を使いました。」
上田朋佳さんの作品
         (c)2013朝日新聞社
上田朋佳さんの作品(ブロンズ賞)
「黒を背景にしてシンプルに仕上げました。」

 暑い,熱い,夏の甲子園。
 第95回全国高等学校野球選手権大会ポスター用原画コンクールにおいて,安芸府中高等学校2年生の岡崎 栞(おかざき しおり)さんがグランプリ,中園 響(なかぞの おと)さんと大段 加奈子(おおだん かなこ)さんがゴールド賞,1年生の上田 朋佳(うえだ ともか)さんがブロンズ賞を受賞し,応募作品560点の中からグランプリを獲得した岡崎さんの作品が今夏の全国大会のポスターとして使われます。

 生徒たち自身で撮影した野球部の写真をもとに下書きをし,アクリル絵具を使って丁寧に色を塗りました。

教育長を表敬訪問

 1月29日(火),生徒4人が教育長を表敬訪問し,コンクール受賞を報告しました。

 教育長は,「去年私が甲子園に応援に行ったときも,とてもあつかったです。その雰囲気が作品に出ていて,色彩もきれいで,とてもいい絵ですね。」と,生徒たちの作品を絶賛しました。

 今回全国大会のポスターに選ばれた岡崎さんは,「グランプリを受賞して,本当かどうか分からないくらいびっくりしています。甲子園の『あつさ』をイメージして描いたので,実際の大会も熱く盛り上がってほしいです。」と,話しました。

安芸府中高等学校ホームページ外部リンク

この記事をシェアする