ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 東北地方の震災復興に向けたボランティア活動をしています(向原高等学校)

東北地方の震災復興に向けたボランティア活動をしています(向原高等学校)

 県立向原高等学校の生徒会が,東北地方の震災復興に向けたボランティア活動「福島ひまわり里親プロジェクト」に取り組んでいます。
 
 このプロジェクトは,東日本大震災後,福島県内の有志によって始まった震災復興活動です。向原高等学校生徒会が「里親」として,福島から購入したひまわりの種を育て,収穫した種に「応援メッセージカード」を添えて,福島へ送っています。今年度は,1,600枚を超えるカードを送りました。

 この活動実績が認められ,「第16回ボランティアスピリット賞」の中国四国ブロック「コミュニティ賞」を受賞しました。
 授賞式では,福島県立勿来(なこそ)工業高等学校とフラダンスを通した交流を行いました。

向原高等学校
「福島ひまわり里親プロジェクト」への協力を呼
びかける向原高校生徒会が作成したポスター

向原高校
向原高校生徒会と勿来工業
高校フラガールとの交流

 1月10日(木),生徒たちが教育長を表敬訪問し,ボランティア活動の成果を報告しました。 

向原高等学校

向原高校
活動を報告

向原高校
フラダンスを披露

 訪問した生徒は,3年 竹野内萌衣(たけのうち めい)さん,佐々木悠真(ささき ゆうま)さん,小野美咲(おの みさ)さん,2年 橋元雄樹(はしもと ゆうき)さん,今岡琳(いまおか りん)さん,1年 長井咲良(ながい さきら)さんです。

 生徒たちは「活動を通じて,福島を元気に,また,向原を花いっぱいにしたいです。」と笑顔で話しました。また,保育士を目指している生徒が4名いて,「子どもたちと接し,子どもたちの成長を見たいです。」「ボランティア活動を通じて学んだことを活かしたいです。」と今後の夢を語りました。

 また,勿来工業高等学校との交流で覚えたフラダンスを音楽に合わせて披露しました。
 
 教育長は「よい活動ですね。活動の輪を広げていってください。」と激励しました。

 生徒たちは,今後も活動を続け,3月に福島で行われる「ひまわり甲子園」を通じて,福島の人たちと交流予定です。

向原高等学校ホームページ

福島ひまわり里親プロジェクト活動状況