ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

特別支援学校清掃技能検定及び接客技能検定の実施

清掃技能検定
(接客技能検定)

技能検定 清掃
(接客技能検定(スクイージー))

 6月に実施した第1回に引き続き,今年度第2回となる特別支援学校清掃技能検定を10月13日(土)・14日(日)・20日(土)に広島市立広島特別支援学校及び広島大学(東広島市)で実施しました。また,接客技能検定を10月27日(土)に広島大学(東広島市)で実施しました。

 技能検定は,特別支援学校高等部に通う知的障害のある生徒の就労を支援するため,関係企業団体や学校と連携して広島県独自の認定資格を開発したもので,東京都に次いで全国2番目の実施となります。審査員が評価表に基づき受検者の挨拶,態度及び技能等を審査し,できたことを評価して,1級から10級までの区分で認定するものです。

 清掃技能検定は,3日間合わせて145名,接客技能検定は64名の生徒が受検しました。

 11月から12月にかけては,ワープロ,流通・物流,食品加工の各分野で技能検定を実施する予定であり,流通・物流,食品加工の分野の技能検定の実施は全国初となります。

「特別支援学校技能検定の取組」のページ

この記事をシェアする