ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 家庭教育支援の新たな方策

家庭教育支援の新たな方策

はじめに

◆ ホームページ「家庭教育支援の新たな方策」をご覧いただき,誠にありがとうございます。突然ですが・・・。「これは一体,何でしょう?」

読み聞かせいきなり

「家庭教育支援の新たな方策」とは・・・

 広島県では,親が「自ら気づき,学ぶことができる力」を高めていくことを目的とした体験型のプログラム-「『親の力』をまなびあう学習プログラム(通称:「親プロ」)」-の実施・推進により,家庭教育支援を行ってきましたが,そのような講座等に参加しない保護者・参加できない保護者に対しても,乳幼児期からの「読み聞かせ」の重要性や「子供との接し方」等について啓発していく必要があると考えています。

啓発チラシの作成

 そこで,啓発資料として,「読み聞かせ」と「子供との接し方」について,動物のイラストや4コママンガで表現したチラシを作成しました。

◆ 平成27年度の新作です。

ほめて楽に子育て待つ
4コママンガ(ほめる) (PDFファイル)(634KB)4コママンガ(待つ) (PDFファイル)(644KB)

◆ 「読み聞かせ」のイラストです。

読み聞かせ
読み聞かせのチラシ (PDFファイル)(2.42MB)

 

◆ 「4コママンガ」のチラシです。

ちゃんと母

ちゃんと父

いきなり
4コママンガ(買い物) (PDFファイル)(739KB)

 4コママンガ(来客) (PDFファイル)(807KB)

4コママンガ(いきなり) (PDFファイル)(802KB)

【チラシの利用について】

掲載しているチラシは,ダウンロードして印刷し,幼稚所,保育園,学校,地域における研修などで御利用いただけます。
ただし,内容の改編は認めません。
なお,印刷して利用された場合は,広島県教育委員会生涯学習課(生涯学習支援係)まで御一報いただけると幸いです。(TEL082-513-5013)

平成27年度の取組

取組内容

チラシのイラスト等を掲載した「うちわ」を作成し,野球場で配布しました。
また,うちわに掲載した内容を,アストロビジョンでも放映しました。

◆うちわ ◆野球場での配布
うちわ配布
◆アストロビジョンでの放映1◆アストロビジョンでの放映2
いきなり読み聞かせ

平成26年度の取組

アンケート調査から

 平成25年度に広島県が実施した,3歳児健診での保護者アンケートによると,「子供と一緒に楽しむためによく出かけるところ」として,多くの保護者が,公園,ショッピングセンター等をあげており,これまで県教育委員会が啓発のための取組(講座実施・チラシの配布等)を行ってきた図書館,公民館等へはあまり出かけない傾向があることが判明しました。

1

 このため,「家庭教育支援」のターゲットである乳幼児期の子供を持つ保護者がよく利用する公園やショッピングセンター等において,買い物等の合間に親子で楽しみながら学べる形態での啓発活動を平成26年度から検討・実施しました。

取組内容

 作成したチラシ等を,ショッピングモールのフードコートの机上に貼り付けたり,野球場で配布する等の各種取組を行いました。

◆ショッピングモール ◆ママフェスタの会場
ショッピングモール
◆ふくやまこどもフェスティバル ◆野球場で幟を使って
ふくやま球場
 
 更に, 「子供との接し方」の4コママンガのチラシについては,抽出した幼稚園保育園等(12施設)の保護者に配布のうえ その感想等についてアンケートを行いました。

アンケートによる結果から

 「子供との接し方」のチラシに関するアンケートの結果,「マンガなので読みやすい」「身近な話題なので分かりやすい」といった肯定的な御意見をたくさん頂きました。

◆ 集計グラフです。

問1問2問3

問4 問6

 

おわりに

 また,これらの取り組みを含めた情報については,より多くの保護者に伝えていくことを目的とし,facebookのページ(「親子コミひろしま」)を作成しています。ぜひ一度,ご覧ください。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。