ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成27年11月18日(水) 下崎教育長が大崎上島町立大崎上島中学校を訪問しました

 大崎上島町立大崎上島中学校外部リンクは,大崎上島町で唯一の中学校です。 「『大崎上島の将来を担うたくましく生きぬく子どもの育成』~ふるさと大崎上島を愛する子供を育てる~」をミッションとし,目標に向かって,自主的に行動し,郷土に誇りをもつ生徒の育成のため,様々な取組を実践されています。

 訪問日は,全てのクラスの授業を見せていただいた後,校長,教頭,事務長,教務主任,生徒指導主事から学校の様子や取組の説明をいただきました。
 
大崎上島中音楽授業大崎上島中理科授業大崎上島中社会授業

 授業においては,生徒は,教室が「学ぶ場」であると認識し,落ち着いて学びに向かう姿勢が身に付いていました。
 第2学年の音楽の授業では,授業者が生徒に対して,歌う時の姿勢などについて,わかりやすく的確な指示を出されており,男女とも大きな声で,ハーモニーにも気を付けて合唱されていました。また,第1学年の理科の授業においては,実験の準備の際に,生徒が自主的に役割をもっててきぱきと動く姿が見られました。

大崎上島中商人体験大崎上島中職場体験大崎上島中まちづくり提言2

 大崎上島町では,島の自然,歴史,文化,暮らしを学び,生きる力を育成するため,「大崎上島学」を基盤とした教育を推進されています。 「大崎上島学」とは,地域貢献につながる知識や技能,態度を育むことをねらいとし,大崎上島の人・物事を教材にして行う学習であり,幼稚園,小学校,中学校と,系統的に行われ,県立大崎海星等学校とも連携をしています。
  中学校第1学年では,小学校で学んだことを発展させた「町のよさを見つめなおす活動」として大崎上島の伝統文化である「櫂伝馬体験」や福祉体験で高齢者の施設訪問などを実施されています。第2学年では町内の様々な職場において就業体験をするとともに,修学旅行中に,大崎上島町の友好都市である武蔵野市の商業施設「吉祥寺コピス」やアンテナショップ「麦わら帽子」において,大崎上島町の特産品であるシイタケやレモンなどを販売し,町の魅力をアピールする商人(あきんど)体験を実施されています。そして第3学年では,大崎上島をテーマに調べ学習をし,町の特色を活かしたまちづくりの提言を行っています。
 校舎内には,職場体験及び商人体験の様子,まちづくりの提言などが掲示されており,職場体験及び商人体験では,色々と工夫をし,苦労しながらも,生き生きと活動を行う生徒の様子が見てとれました。 
 まちづくりの提言では,「イノシシなどの鳥獣被害対策」や「海洋観光による観光客の増加」など,日常の暮らしの中で発見した課題が多くみられ,例えば「夜間のフェリー増便」については,利用者の立場から見るとフェリーの時間を気にすることなく仕事や部活動に専念できるなど利点がありますが,港の近隣住民にとっては夜間の汽笛の音は騒音となるなど難点もあるなど,様々な立場から多面的・多角的に検証し,解決に向けて協働して調べ,意見を練りあって考えている様子が感じられました。  

「教育長学校等訪問」一覧へ戻る

この記事をシェアする