ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成27年11月17日(火) 下崎教育長が県立海田高等学校を訪問しました

 県立海田高等学校外部リンクは,「学園の一本一草に愛情を寄せる,自己の天分を限りなく伸ばす,己を見つめ他を敬い共に歩む」の校訓の下,自律した学習者を育成しています。

 今回は,海田高等学校家政科3年生が,レストランのすべてをプロデュースし,来賓や保護者の方々にフルコース料理でおもてなしをする「海高レストラン」にお招きいただきました。

 海高レストランは,家政科の恒例行事として,平成2年に「校内テーブルマナー」として始まり,現在の「海高レストラン」まで継続しており,今年で26回目を迎えました。家政科の第3学年の生徒が,専門学科で身に付けた知識と技術を活用して,創意と工夫に富んだ献立を考案し,調理,テーブルコーディネート及びサービス等,心からのおもてなしを行います。

前面掲示生徒挨拶教育長挨拶

  会場に入ると,生徒が笑顔で座席まで案内してくれました。会場前面には,今回の海高レストランを担当した家政科3年1組のテーマ,「Welcome To Our Dream World(ようこそ夢の国へ)」と華やかに描かれていました。

 生徒代表挨拶,来賓代表挨拶の後,いよいよ海高レストランが始まりました。生徒一人一人が協力しながら,調理室から会場までテンポよく配膳を行っていました。料理が配られると,生徒からその料理についての工夫した点等について,丁寧な説明があり,参加されていた来賓や保護者の方は説明を聞きながら笑顔で料理を口にされていました。

レストラン01レストラン02レストラン03

  当日のメニューは,「野菜のテリーヌアスパラガスソース」のオードブルから始まり,「かぼちゃと人参のポタージュ」,「ひまわりパン・白パン」,「真鯛のソテー サフランソース・グリーンソース」,「牛ヒレ肉のステーキきのこソース」,「アボカドチーズケーキ レモンジュレ添え」,「デミタスコーヒー」のコース料理で,どの料理も素材の持ち味を生かした,優しい味付けでした。

 アンチエイジングに効果があるとして,ビタミンEが豊富に含まれている,海田町花のひまわりの種とひまわり油を使った「ひまわりパン」や,デザートのタルト生地に,バターの代わりに,健康食品として話題のココナッツオイルを練りこんだアボガドのチーズケーキなど,栄養バランスに気を配った料理の数々を堪能しました。

 また,味はもちろん見た目も美しく,野菜のテリーヌのソースの上に金箔がかけられていたり,ポタージュにかぼちゃの種を浮き実として使用していたり,デザートのお皿の上に広島県産のレモンの皮が散りばめられ,香りが楽しめるように工夫されていたりと,盛り付けの細部にもこだわっている様子が感じられました。

 生徒たちの心からのおもてなしで,とても和やかなひとときとなりました。

テリーヌ

スープ

パン

魚料理

肉料理

デザート

料理全体

「教育長学校等訪問」一覧へ戻る

この記事をシェアする