ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成27年9月15日(火) 下崎教育長が県立安芸高等学校を訪問しました

 県立安芸高等学校外部リンクは,県内に12校ある総合学科高校の1つとして,総合学科ならではの自分の興味・関心や進路希望に応じて科目を選択し学習できる強みを活かし,生徒の進学や就職の進路実現に向けた,特色ある取組を展開しています。

 生徒にこれからの社会でたくましく生きていくために必要な力を身に付けさせるため,アクティブラーニングを取り入れた「対話」を中心とした授業,「表現活動」や「相互交流」を重視した授業に力を入れている様子が感じられました。

 当日は,1限目と2限目の授業を見学しました。グループワークやペアワークを中心とした授業を多く実施しており,国語科のグループワーク形式の授業では,それぞれのグループで対話をして考えをまとめ,ホワイトボードに記入して発表していました。ホワイトボードにグループの考えを記入する際には,自分のグループ内だけでなく他のグループとも交流を行い,積極的に意見交換を行っていました。

 また,選択の物理の授業では,選択授業ならではの少人数でのグループで,模型や量りを使った実験を基に,仮説や結果について生徒がそれぞれ自分の意見を出し合って活発に話し合いをしていました。

授業風景_国語授業風景_物理

 化学の授業では公式を覚えるのではなくなぜその公式になるのかについて,ペアを組み,ローテーションでペアの組合せを替えながら,相手に自分の言葉で授業で習ったことを説明していました。教える側が理解を深めるだけでなく,教えてもらう側にも「相槌を意識的に行う,必ず1回は質問する」などルールが設けられており,生徒は話を聞く姿勢についてもしっかりと意識しながら,ペアワークに取り組んでいました。

 先生が出す質問や問題に対して全員の生徒がリモコンで回答できる「クリッカー」と呼ばれるシステムを利用した地理歴史科の授業では,生徒がクリッカーを使って問題に答えるだけでなく,その答えにいたった理由をクラス一丸となって考えたり教え合ったりして,授業を受けている生徒全員が積極的に学習に励んでいました。

授業風景_化学授業風景_地歴公民

 他の授業でも,書画カメラやプロジェクター等のICT機器を用いて,視覚的にわかりやすく理解できるような工夫が施されていました。

 どの生徒も表情が明るく,生き生きと主体的に学習に励む姿がとても印象的でした。 

「教育長学校等訪問」一覧へ戻る

この記事をシェアする