ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成26年度「ひろしま教育の日」フォーラムの開催等について

 広島県では,毎年11月1日を「ひろしま教育の日」と定めています。
 これは,教育の現状や教育委員会の取り組みを多くの県民の皆さんに知っていただき,学校・家庭・地域が一体となって子供たちを育てていくことを目的に,平成13年に「ひろしま教育の日を定める条例」により定められました。
 また,その趣旨にふさわしい取組を実施する期間として,11月1日から7日までを「ひろしま教育ウイーク」として定めています。

  平成13年10月10日に,本県教育の充実と発展を図るため制定された「ひろしま教育の日」の趣旨にのっとり,毎年,県,市町及び学校,地域団体等が連携して,県内全域において多彩な事業を実施しています。

 特に「ひろしま教育の日」フォーラムは,「ひろしま教育ウィーク」のメイン行事として開催しており,県民が「ひろしま教育の日」の趣旨を理解し,教育や学校に対する関心を高めることを目的として,平成14年度から開催しており,今年で13回目を迎えます。

 

 今年度のフォーラムは,11月1日(土曜日)に世羅町教育委員会との共催により,せら文化センターにおいて開催します。
 その中で,サイエンス作家の竹内薫さんに,「99.9%は仮説~思い込みで判断しないための考え方」と題して,論理的に考えながら自分の意見を述べるコミュニケーション能力や,課題を発見し他者と協働して解決を図る力の育成に必要なものは何か等について,講演していただきます。
 また,地元の児童生徒による舞台発表や展示発表を行います。

  フォーラム当日の様子はこちら

 この「ひろしま教育の日」の趣旨を広報するため,本年度も広く県民からメッセージを募集しました。今年度は4万7千件を超える応募があり,選定の結果,県立海田高等学校1年生 金丸 春希(かなまる はるき)さんのメッセージ「たくさんの 夢をもって 未来へGO!」を最優秀作品に選定しました。

 また,このメッセージを最もよく表現した県立福山誠之館高等学校1年生 青木 まりな(あおき まりな)さんの作品を最優秀作品として選定し,ポスター及びチラシを作成しました。
   ☆ ポスターのPDFファイルはこちら
   ☆ チラシのPDFファイルはこちら

 9月29日(月)に平成26年度「ひろしま教育の日」メッセージ及びポスター原画の表彰式を行いました。
 表彰式についてはこちら

ポスター

              <メッセージ>
                  県立海田高等学校
                   1年    金丸 春希 さん
              <ポスター原画>
                 県立福山誠之館高等学校
                   1年    青木 まりな さん

広報事業


事    業    名

事      業      内      容

実施時期

「ひろしま教育の日」メッセージ募集

「ひろしま教育の日」の趣旨を広報するため,広く県民からメッセージを募集し,最優秀作品・優秀作品を選定しました。⇒詳しくはこちら

募集期間

4月8日~5月16日

ポスター及びチラシの作成・配布

最優秀作品に選ばれたメッセージを用いて,ポスター(4,000枚)・チラシ(48万枚)を作成し,県内の学校・教育機関及び民間団体等に配布します。
 ⇒ポスター原画採用作品についてはこちら

10月上旬

その他

懸垂幕を県庁に掲示して広報

10月1日~11月7日

「ひろしま教育の日」フォーラム ☆入場無料☆

日時

   ⇒フォーラム当日の様子はこちら

 11月1日(土曜日) 9時30分開始      「ひろしま教育の日」フォーラムのプログラムはこちら (PDFファイル)
 

時間

内容

9時00分~

開場

受付開始

9時30分~9時50分(20分)

オープニング

世羅高等学校
 ・吹奏楽「ザ・ウィンドライズ~映画『風立ちぬ』より~」ほか

10時00分~10時20分(20分)

開会行事

10時25分~10時40分(15分)

発表・合唱

世羅小学校
 ・発表「Our hometown Sera」
 ・合唱「ふるさと」 「空」

10時50分~11時05分(15分)

和太鼓・合唱

せらにし小学校
 ・和太鼓「せらにし小太鼓」
 ・合唱「語りつごう ふるさと」

11時10分~11時25分(15分)

表現

せらひがし小学校
 ・表現「せらひがしの宝」

11時30分~11時45分(15分)

鼓笛演奏

甲山小学校
 ・鼓笛演奏「ミッキーマウスマーチ」 「聖者の行進」 
           「恋するフォーチュンクッキー」 「sing sing sing」

11時45分~12時30分(45分)

昼食

12時30分~12時50分(20分)

プレゼンテーション・和太鼓等

甲山中学校
 ・プレゼンテーション・和太鼓ほか
  「実現~地域とのかかわりを大切にした甲山中学校~」

12時55分~14時25分(90分)

講演

竹内 薫(たけうち かおる)氏
 タイトル「99・9%は仮説~思い込みで判断しないための考え方」

14時40分~15時05分(45分)

吹奏楽

世羅中学校
 ・吹奏楽「ハリウッド万歳」 「元禄」 「青春ステージ2014(ヒットソングメドレー)」

15時10分~15時55分(45分)

舞踊・合唱

世羅西中学校
 〇組曲「明神の舞」
   ・世羅西地域の伝統芸能「巫女の舞」 「日本舞踊」 「神楽」 「和太鼓」
   ・生徒創作舞踊「息吹踊り」 「明神ソーラン」
   ・合唱「ふるさと」 

15時55分~16時00分(5分)

閉会行事

場所

 せら文化センター外部リンク (世羅郡世羅町大字寺町1158-3)
     ⇒詳しいアクセスはこちら外部リンク

主な内容 

花 竹内薫氏による講演
          タイトル 「99.9%は仮説~思い込みで判断しないための考え方」

氏名

経歴等

      竹内薫
(Takeuchi Kaoru)

 竹内薫氏

〇昭和35年7月2日生まれ。東京都出身。 

〇東京大学教養学部教養学科(専攻:科学史・科学哲学)・東京大学理学部物理学科卒業。マギル大学大学院博士課程修了(専攻:高エネルギー物理学理論)。理学博士,JAXA「経営に関する懇談会」委員,JAXA広報対応外部委員会委員。
  大学院を修了後は,サイエンスライターとして活動。
  物理学の解説書や科学評論を中心に100冊あまりの著作物を発刊。平成18年には「99.9%は仮説~思いこみで判断しないための考え方」(光文社新書)を出版し,40万部を超えるベストセラーとなる。

〇物理,数学,脳,宇宙,・・・など幅広い科学ジャンルで発信を続け執筆だけでなく,テレビ,ラジオ,講演など精力的に活動している。

花 児童・生徒による舞台発表及び展示発表

 県立世羅高等学校外部リンク  吹奏楽演奏

 世羅町立世羅小学校外部リンク  発表,合唱

 世話町立せらにし小学校外部リンク  和太鼓,合唱

 世羅町立せらひがし小学校外部リンク  表現

 世羅町立甲山小学校外部リンク  鼓笛演奏 

 世羅町立甲山中学校外部リンク  プレゼン,源流太鼓 他

 世羅町立世羅中学校外部リンク  吹奏楽演奏

 世羅町立世羅西中学校外部リンク  舞踊,合唱

ひろしま教育ウィーク期間事業

事    業    名

事      業      内      容

実施時期

学校へ行こう週間

保育所,幼稚園,学校において開かれた学校づくりを促進するため,保護者や地域の人の参加や協力を得て,授業参観や交流事業など特色ある取組を行います。

    ⇒幼稚園 (Excelファイル)(36KB) 
         ※特色ある取組の例です。詳細については各幼稚園にお問い合わせください。幼稚園の一覧はこちら
    ⇒小学校 (Excelファイル)(131KB)
         ※特色ある取組の例です。詳細については各小学校にお問い合わせください。小学校の一覧はこちら   

    ⇒中学校・中等教育学校 (Excelファイル)(84KB)
       ※特色ある取組の例です。詳細については各中学校・中等教育学校にお問い合わせください。
                                                                                            
中学校の一覧はこちら  中等教育学校の一覧はこちら

    ⇒高等学校 (Excelファイル)(47KB)
         ※特色ある取組の例です。詳細については各高等学校にお問い合わせください。高等学校の一覧はこちら 

    ⇒特別支援学校 (Excelファイル)(36KB)
         ※特色ある取組の例です。詳細については各特別支援学校にお問い合わせください。 特別支援学校の一覧はこちら

    ⇒印刷用データはこちら (PDFファイル)(539KB)

ひろしま教育

ウィーク期間中

教育委員による学校訪問

教育委員が学校を訪問し,児童生徒と交流を図ります。

文化施設の無料開放

県立の歴史民俗資料館,歴史博物館,美術館の常設展及び縮景園の無料開放

対象者:小学生・中学生・高校生

「ひろしま教育の日」関連事業 

 県内各地で様々な行事・イベントを実施します!

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

この記事をシェアする