ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 平成26年度外国語教育におけるCAN-DO形式による学習到達目標について

平成26年度外国語教育におけるCAN-DO形式による学習到達目標について

平成26年度外国語教育におけるCAN-DO形式による学習到達目標を各県立高等学校のホームページに掲載中

 広島県では,全ての県立高等学校において,平成25年度末までに外国語教育におけるCAN-DO形式による学習到達目標を作成し,各校のホームページに掲載しています。(学校一覧へ

1 CAN-DO形式による学習到達目標とは

 「CAN-DO形式による学習到達目標」とは,外国語教育において生徒に身に付けさせたい目標を「~することができる」という能力記述文の形式で設定した学習到達目標です。

2 CAN-DO形式による学習到達目標設定の目的等について

 高等学校学習指導要領に基づき,各学校が,外国語科において卒業時までに生徒が身に付ける能力を「聞くこと」「話すこと」「読むこと」及び「書くこと」の技能ごとに明確にし,主に教員が生徒の指導と評価の改善に活用することが目的です。

 各学校は,設定したCAN-DO形式による学習到達目標について,その達成状況を把握し,必要に応じて指導方法を改善するとともに,評価の妥当性及び信頼性を高めるため,評価の方法を適宜見直します。

 また,教員が生徒と目標を共有することにより,生涯にわたって自律的に学習に取り組む生徒を育成することができます。