ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

11月4日 中村委員が,東広島市立中央中学校を訪問しました。

  11月4日(水),中村委員が,東広島市立中央中学校を訪問しました。

  当日は,「弁当DAY」ということで,生徒全員が家で弁当を作って持って来る日でした。弁当DAYは,東広島市内では平成23年度から,中央中学校では今年度から実施しています。

 各学年6クラス,計18クラスありますが,各クラスで2個ずつクラス代表を生徒の投票で選出し,選ばれた36個の弁当を,PTA,教員,そして,地域の調理専門家の方も入れて審査するということでしたが,中村委員も審査員として参加しました。 

  3  1

  地元の食材を使う,調理冷食やレトルトは使用しないといったルールの中で,生徒たちはバラエティに富んだ弁当を持って来ていました。

  a  g

 生徒たちは,昼休憩時に,自分が作って持って来た弁当をおいしそうに食べていました。 

  b 

  この取組を通じて,
「日ごろの料理を作る親の苦労,弁当を作る苦労が分かった。」,
「親に感謝の心を持つようになった。」
など,感謝の心が育まれています。

      ♪東広島市立中央中学校のホームページはこちら ♪外部リンク

◆教育委員学校等訪問一覧に戻る

この記事をシェアする