ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

1月8日 二宮委員・細川委員・志々田委員が,頼山陽史跡資料館を訪問しました。

    1月8日(金),二宮委員・細川委員・志々田委員が,頼山陽史跡資料館を訪問しました。

  展示   茶室 

   頼山陽史跡資料館は,江戸時代後期に活躍した漢学者・文人で,幕末の志士たちに多大な影響を与えた歴史書『日本外史』の著者として知られる頼山陽や広島の近世文化に関する様々な資料を展示しています。
 頼山陽史跡資料館は,当該資料館を運営してきた財団から本県に,頼山陽をはじめとする頼家ゆかりの資料コレクションである「杉ノ木資料」が寄附されたのを受け,この資料と史跡「頼山陽居室」の,より一層の調査研究・活用を進めるため,県立歴史博物館の分館として,平成27年5月1日からリニューアルオープンしました。

  二宮委員・細川委員・志々田委員は,職員から,頼山陽のふるさと「広島」と,頼家の暮らしや頼山陽の生涯についての展示・茶室の説明を聞き,意見交換しました。

       ♪頼山陽史跡資料館のホームページはこちら ♪

◆教育委員学校等訪問一覧に戻る

この記事をシェアする