ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

10月22日 細川委員が,庄原市立美古登小学校を訪問しました。

 10月22日(木),細川委員が,庄原市立美古登小学校を訪問しました。

  細川委員は,2か月前の8月18日に,江田島青少年交流の家で実施した同校5年生の「山・海・島」体験活動(カッター訓練,野外炊飯など)の様子を視察しています。

 このたび,公開授業などの視察を行ったほか,5年生の「山・海・島」体験活動後の様子をうかがいました。
  公開授業では,子供たちの姿勢が大変良く,また,返事がハキハキしていました。先生の話だけでなく,友達の発表もきちんと聞いていました。

 また,全校児童による「美古登ばやし(太鼓演奏)」を拝見しました。全員がいきいきとして演奏していて,すごい迫力を感じました。声は大きく,児童たちの視線は前を向いていたので,すごく伝わってくるものがありました。

  1  6

  美古登ばやしの発表後,細川委員が,5年生に次のように質問しました。
「3泊4日の体験を振り返って,どうですか。」,
「どんな6年生になりたいですか。」
児童たちは,
「自分から行動できるようになり,また,自分の仕事が終わっても,他の人の仕事が終わっていなかったら,それに気が付くようになりました。」,
「下級生が間違っていたら,間違っているよと指導できる6年生になりたいです。」,
「美古登ばやしを支え,美古登小学校を引っ張っていく6年生になりたいです。」などと答えていました。

      3

     6   2

  美古登小学校は,読書活動にも力を入れています。
 児童たちは,机に1冊,それから,カバンに1冊というように2冊は必ず本を持っていて,バスの時間待ちも一列になって本を読んでいるなど,とても本が好きという話もうかがいました。

    7 

∞8月の江田島での「山・海・島」体験活動の視察の様子についてはこちらから∞

      ♪庄原市立美古登小学校のホームページはこちら ♪外部リンク

◆教育委員学校等訪問一覧に戻る

この記事をシェアする